スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクスの『成長戦略』、金持ちと大企業優遇と庶民の冷遇、これでもか!

 朝日新聞(6月15日)によれば
『政府は16日、産業競争力会議(議長・安倍首相)を開
き、アベノミクスの「第3の矢」となる新たな成長戦略の
最終案をまとめた』そうだ。この会議で安部総理は『これ
まで何度も挑戦したが乗り越えられなかった壁を突き抜け
るような政策を』とぶち上げた。つまり従来の固い規制の
岩盤をぶちゅぬくのだそうだ。
 その岩盤とは何か。まず、現行の企業の法人税(約35
%)を20%台にする、という。消費税を上げたばかり
というのに、企業の法人税はなんと10%以上値下げする、
というのだ。皆様、増税ではないですよ、減税ですよ!企
業の大優遇をするのが『岩盤を突き破る』ことなのだ。
 次に医療。いわゆる『混合診療』を許可する、というの
だ。これは『保険がきかない高度な医療』を認可すること。
つまり金持ちは高度な先進医療が受けられるというもの。
逆に言えば保険に頼る一般庶民は高度な先進医療は受けら
れないという仕組み。
 その次は『農協つぶし』である。農産物の流通を一手に
取り扱ってきた農協をつぶし、農産物の取引を民間の株式
会社に自由化する。アメリカ農産物流通の大手、ガビロン
のような会社にやらせる。
 ここまでくると安部総理の第3の矢のカラクリが見えて
くる。つまり大企業がさらに儲けるように、庶民は貧しく
放置するように、TPPでアメリカに寄り添うように。しか
し、庶民の皆様、このような自民、公明を政権の担い手と
して選んだのは他でもないあなた達でした。


 

もう廃炉をやる人がいなくなる、の恐怖、明日のメルマガ

 明日金曜日発行のメルマガは『廃炉をやる人がいなくなる恐怖』です。
 http://otomana.nifty.com/authors/otsuki/

■□■□■□■□■□■□■ 新おとなの学び場 ■□■□■□■□■□■□■


大槻義彦が叫ぶ、たたく、暴く。。。何を? (Vol.2,No.2)

                      
https://otomana.nifty.com/authors/otsuki/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 Vol.2,No.2 今後50年、だれが廃炉をやるのか?!
===================================
 目次 
 (1)福島事故原発の廃炉に50年
 (2)過酷な廃炉の実体
 (3)廃炉を担う作業員が居なくなる
 (4)ただただお金と汚染水を垂れ流し
 (5)Q&Aコーナー
=================================
 (1)福島事故原発の廃炉に50年
=================================
 福島事故原発の『廃炉』の工程が具体化しつつある。まず『準備作業』に入り
それが完了するのに10年近くかかる。準備だけで10年である。それからの1
0年から20年かけてもっとも過酷はメルトダウンした燃料(燃料デプリ)の取
り出しが始まる。この溶け落ちた燃料はウランやプロトニウムの塊でとんでもな
く高い放射能の塊であるからこれはいわば『小型原爆』のようなシロモノである。
この総量はおよそ270トンから300トンと言われている。

 5トン積トラック60台分である。これが小型原爆の実体である。『小型』ど
ころか大型原爆ではないか!近づけば即死する燃料デプリ、トラック60台分と
は考えただけでもゾッとする。しかもこの燃料デプリ取り出しまで30年、この
間のわれわれの税金負担は2兆円とも見積もられているのだ。

 この小型原爆の取り出しにうまく成功してもこのモノをどう処理するのか。地
下深くに埋めるのか、六ヶ所村に運んで再処理するのか、フランスまで運び処理
してもらうのか。政府も電力会社もまったく方針は決めていない。処理案は出さ
れているがどれをとっても危険極まりない。

 地下深くに埋めると言ってもどこに、どのようにして埋めるのか。住民の理解
は得られるのか。六ヶ所村だと?!使用した燃料棒の再処理するがこのような小
型原爆の再処理などはじめての経験である。したがって六ヶ所村再処理工場には
手に負えないだろう。住民の理解も得られない。。。。。。。。。。

06/18のツイートまとめ

otsuki1936

Yahoo!ブログを更新しました。 このゴルフボールは飛ぶぞ、しかし曲がるぞ! http://t.co/H14V51NEVr
06-18 07:23

『嫌中憎韓』のブームを憂う、心からの友人はどこに?

 本屋さんをのぞくといわゆる『嫌中憎韓』の新刊本があ
ふれている。店先に山ずみだ。インターネットでもしかり。
ブログで少しでも中国や韓国のことを書こうものなら非難、
中傷、悪罵の山。一体この国はどうなってしまったのか。
 ある国を嫌がり、憎悪を煽ることには慣れている。小学
校時代の『鬼畜米英』を煽られたことを思い出す。しかし
これは当時の大日本帝国国民学校の話だ。民主的で自由な
国際関係にあり、貿易や商取引も自由活発な国家間ではき
わめて異常なことだ。
 たとえばフランスやイギリスが前の世界大戦のことを持
ち出したからといってナチスドイツ憎さのあまり、憎ドイ
ツ、嫌イタリアの本が本屋さんの入り口に山ずみされるだ
ろうか。そのような出版社が出ても世論の袋叩きに合い、
ほとんどの人は見向きもしない。
 ところが日本はこのありさまではないか。このような嫌
中憎 韓の意識の高揚はもとはと言えば『中国、韓国自身が
作り出したモノ』と反論されるはずだ。たしかにその側面
はある。尖閣諸島をめぐる中国の言動、同じように竹島と
慰安婦をめぐる韓国の言動。このような言動が報道された
り、政府がそれを煽ったりすれば、この『冷静なつもり』
の私でも、正直言って、嫌中憎韓に流されることがある。
まして何も知らない若者に対する影響ははかり知れない。
 しかし、ここは冷静になり、大人にならねばならない。
かつての植民地のことではないか。それどころか切っても
切れない隣国ではないか。つねに隣人は心からの友人でな
ければならない。心からの友人は相手の立場に立ち、相手
のことを理解して対応すべきなのだ。ときに妥協し、誠意
をもって話し合わなければならない。
 それよりも何よりも巷にあふれる嫌中憎韓の本と雰囲気
がきわめて異常なことだ、と考える感性が大事だ。
--

アベノミクス3本目の矢、『成果主義』で残業代ゼロ

朝日新聞6月12日によれば、『どんなに残業しても残
業代ゼロ』という制度、つまり『成果で賃金が決まる制度』
の導入が決まった、という。これは安部首相の『経済再建
3本の矢』の3本目だという。
 この3本目の矢こそ、アベノミクスの切り札だというの
だ。それはそうだろう。これで日本の経済は完全復活。
 それはそうだろう。どんなに働いても残業代ゼロでは企
業は儲かり放題。『成果で賃金が決まる』ということは
『残業代なしに働きづめに働いて成果が出て賃金が上がる』
ということだ。
 逆に言えばいくら働いても成果が出なければ、賃金は上
がらない。ほとんどの企業で、そこに働く人たちはなかな
か成果が出せなくて四苦八苦しているのだ。その労力、努
力はまったく評価の対象にならない。
 企業で『成果が出る』ということは『もうけが出る』と
いうことだ。つまりアベノミクスのこの3本目の矢は『も
うけなければいくら働いても賃金は上げない』という制度
である。
 企業にしてみればこんな結構な制度はない。もうけた人
だけに賃金をあげる。もうけないやつはいくら働いても賃
金は上げない。
 この社会にはいくら努力しても成果が出ないことは多い。
まして、努力しようにも努力が出来ないハンディがある人
もいるのだ。
 また目に見えた成果と評価されなくてもやがて時代が変
わるとそれが大きな成果だったと再評価されることもある。
また失敗に終わった努力が次の成功の礎(いしずえ)にな
ることもある。
 人生も会社生活もきわめて複雑である。安部首相のよう
な単純なアタマで『目先の成果』で人生が決められてはた
まらない。

アメリカCIA,パキスタンで子供の予防注射を装いDNAサンプル集め

 朝日新聞には驚くべきスパイ活動の実態が報道されている。
   (以下引用)
  米オバマ政権が、予防接種を装ったCIA(中央情報局)の情報収
集活動を今後は行わないと決めたことがわかった。パキス
タンで医療チームがテロの標的となるため活動が困難になっ
てポリオ(小児まひ)が広がり、国内外で批判が高まって
いた。2011年に米軍がパキスタンに潜伏していたオサ
マ・ビンラディン容疑者を殺害した作戦を巡っては、CI
Aが、協力するパキスタン人医師を通じて、予防接種を装っ
てビンラディン容疑者の家族らからDNAサンプルを採取
したとされている。
    (引用終わり)
 実に分かりにくい記事であるがアメリカCIAはパキスタン
で子供の健康のための援助活動として行う予防接種を利用
して、CIAからお金をもらったパキスタンの医師は予防接種
と称して実際にはDNAサンプルを集めていた、というのだ。
 この事実を知った反米武装集団は医師を含む『医療チー
ム』を攻撃した。今も攻撃している。このため『医療チー
ムの活動』が困難になっている、というわけだ。
 ここにはアメリカの『人道支援』に潜む怪しさが浮き彫
りになるではないか。予防接種を装ったDNAサンプル集め。
子供の人権など一顧もしない非道、卑劣な手口。
 そういえば昔、私の子供のころ、『帝銀事件』という大
事件が起こった。銀行(帝国銀行)で真昼間、一人の男に
青酸カリを飲まされる、というとんでもない事件だった。
一体だれが、何のためにやったのか。そのころからCIAの影
がちらついた。--

06/15のツイートまとめ

otsuki1936

RT @kikko_no_blog: 自分の家が燃えてるのに、海の向こうの他人の家の火事を消しに行くと言うバカ、安倍晋三。
06-15 15:39

汚染水対策の『切り札』、永久凍土方式の正念場、実は税金の垂れ流し

汚染水対策の『切り札』と言われる『永久凍土壁』建設
にいよいよゴーサインが出て1年以内に稼働を目指すとい
う。朝日新聞6月5日から引用する。
   (以下引用)
東京電力福島第一原発の汚染水増加を抑えるため、建屋周
辺の地下に氷の壁をつくって囲む「凍土壁」の工事が2日、
始まった。地下水が建屋に流れ込むのを防ぎ、汚染水の発
生量を減らす。国や東電は対策の柱としているが、成否は
未知数。これまで例のない大事業で、失敗した場合の影響
は大きい。
    (引用終わり)
 この永久凍土壁は完璧に地下水を遮断することは鹿島建
設などの実験で証明されているから、地下水が建屋に流入
し汚染水の増加につながる事態を避けることが出来るとい
う。
 しかし、この永久凍土壁の効果はどれほどなのか。地下
水というのは地下の大きな湖と考えることが出来る。深さ
が30mほどの壁で遮断してもその下は開いているではな
いか。地下水の流入は遮断壁で一度止められたように見え
てもその壁の下、すなわち地下30mより深いところで浸
透してゆかないのか?!
 地下水は湖であると同時に川でもある。川は水の圧力と
いうものがあり、せき止められれば別の迂回路を見つけて
流れる。地下水が建屋のまわり1500mの壁など簡単に
回り込むだろう。
 一体どいうなるのか。実際には『やってみなければ分か
らない』という。つまりこれは東電と国の試行錯誤なのだ。
つまり『ためしにやってみる』のだ。
 しかし、このような『ためし』のために何百億円が消し
飛ぶ(実際には320億円とか、すべてわれわれの税金)。
しかし何でもやってみる以外にはない。その都度莫大な
税金が消えてゆく。ウラン型現原発とはとんでもないシ
ロモノなのだ。
--

新しいメルマガ、本日発行、『NHK科学番組のあきれたオカルト』

大槻義彦が叫ぶ、たたく、暴く。。。何を? (Vol.2,No.1)

                             {2014.06.13}
# バックナンバーのご購入はこちらから
 https://track.nifty.com/tr/ad/a6It/33Dl

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 Vol.2,No.1 『NHK科学番組のあきれたオカルト』

===================================
目次
 (1)透視実験、NHK科学番組のやることか
 (2)ねぶた祭りと乱数発生器のマヤカシ
 (3)光の干渉実験に『意識』が影響?!のバカ
 (4)竹内薫と石川幹人
 (5)Q&Aコーナー

===================================
 (1)透視実験、NHK科学番組のやることか
===================================

 NHK会長の言動がおかしくなってきて、それと呼応したように、NHKがオカルト
肯定番組を放送するようになった。日本テレビ、フジTVはひところ、毎晩のよう
に『超能力者』ユリ ゲラーや『霊能者』ぎぼ愛子のオカルト一色であったがオー
ム真理教事件の後は『いたく反省して』この種のオカルト番組は下火になった。
それなのに、何故突然今NHKオカルトなのか?!

 NHKオカルト特番の批判はすでに本メールマガジンNo.41、42※に書いたとお
りである。放送したすべての内容が非科学的で、科学的に説明可能なことばかり
である。しかもNHKはこれらオカルト現象を『本気になって科学者の○○○博士
が取り組んでいる』と解説した。しかし、このようなNHKオカルトに『取り組ん
でいる』のは科学者でも物理学者でもない。それなら『心理学者』か?否、否、
『超心理学者だ』とNHKはいう。超心理学者とは心理学者ではない。心理学の学
会からも拒否されている『オカルト学者』なのだ。

 NHKには良心的な『サイエンスゼロ』という番組がある。NHKオカルト特番の後、
このサイエンスゼロがこの特番をフォローする番組を放送するというので、NHK
オカルト特番の訂正、修正、言い訳をやるつもりか、と早合点してしまった。ま
さかこのサイエンスゼロがオカルト特番の恥の上乗りをしようなどと想像もでき
なかったのだ。

 何しろ番組のキャスターには科学評論家 竹内薫博士がついているから物理学
分野の竹内博士がおかしな『超心理学』などに騙されることはないだろう。とこ
ろがどうしてどうして、実際のサイエンスゼロはNHKオカルト特番の焼き直し、
竹内薫博士も半ば同調したのだ。

 まず陳腐な『透視実験』。中国の物理学から拒否されて30年、今や中国の物
理学会からさえ相手にされない朱教授が子供を集めて透視実験をやる様子。10
人以上の子供に紙に書いた模様を当てさせる。15人ほどの子供、かりに5回実
験やれば75回に実験。そのうち、『7』という模様を当てた子供が一人。他は
全部はずれ!つまり正答率は75分の1だった。単なる偶然だ。竹内薫キャスター
もさすがに『偶然とも言える』とコメントした。それならこんな番組サイエンス
ゼロで放送するな!


===================================
 (2)ねぶた祭りと乱数発生器のマヤカシ
===================================

 NHKオカルト特番はアメリカの砂漠地帯のバーニングマンのイベントで乱数発
生器が誤作動を起こしたことを再現(本メルマガNo.41、42参照※)したが、
これはバーニングマンの巨大な腕の電気的操作の電磁ノイズによるものだ。すで
に批判ずみのものだ。つまりNHK特番は恥の上塗りをしたものだ。

 この上塗りを取り繕うために、今度はねぶた祭りでの乱数発生器誤作動を取り
上げた。やったのは明治大学の石川幹人という先生だそうだ。

 サイエンスゼロはねぶた祭り番組に先だって『アメリカ9:11事件の際に世
界中の乱数発生器が誤作動を起こした』と再び放送した。これが事実としたら、
それは世界中のテレビが一斉に入れられ、携帯電話やメールが一斉に使われ出し
たからなのだ。つまり世界中に電磁ノイズが一斉に発生したのだ。

 ねぶた祭りもそうだった。『ねぶたの出囃子で観客の感情が一斉に高まったか
ら』乱数発生に狂いが起こったの。。。。。。

大阪橋下市長、乱暴な子供を『特別学級』に隔離するとか、ソラ恐ろしい人権無視

朝日新聞6月9日によれば橋下市長の肝いりで、乱暴
な生徒を集めて特別教室に隔離するという。橋下市長は
ここまでやるのか?!
   (以下引用)
 子どもの問題行動に対し、大阪市教育委員会がまとめ
た具体的な指導案の内容がわかった。一定レベルを超え
る悪質な問題行動を繰り返す児童・生徒を在籍する市立
学校から引き離し、1カ所に集めて指導する「特別教室」
を新たに設ける。10日に開く橋下徹市長との協議会で
正式に示し、来春にも実施する方針。文部科学省による
と、こうした対応は珍しいという。問題のある子どもの
安易な「排除」につながるとの批判も予想され、議論を
呼ぶとみられる。
   (引用終わり)
 一体『子供の問題行動』とは何か。教師やクラスメー
トに乱暴する、器物を壊す、大声を上げる、タバコを飲
むなどが例としてあげられている。しかし、このような
乱暴行為はこれまでも、どこにでもあったことだし、と
くに大阪市に限ったことではない。
 これまでも教師やクラスメートに乱暴をはたらき周辺
に身の危険がせまるような事態では、学校内だけでは対
処できなければ警察に持ち込むこともあった。しかし、
これまではこれで問題が拡大することを防いでこれた。
 一体何故大阪市だけがこれまでの対応で処理できず
『特別教室』に隔離してしまうのか。日本中が大阪市を
真似て乱暴な生徒を隔離しはじめたら、隔離された生徒
たちの未来はどうなってしまうのか?!
 特別学級に送り込まれて隔離された『乱暴な生徒たち』
はますます自暴自棄になり暴れまくるだろう。そうなれ
ばこの特別学級の教師は通常の教員免許を持つ通常の教
員では手におえなくなる。一体どうするのか!?
 ここで橋下市長のお得意の『公募教員、公募校長』の
出番である。警官あがり、自衛隊あがりの教員を採用で
もするのか!橋下市長の公募教員、公募校長はすでにか
ずかずの不祥事でひんしゅくをかっているではないか。
これに輪をかけて警官あがり、自衛官あがりの『教員』
は子供の暴力に立ち向かうだろう。
 したがってこの『特別学級』は暴力、暴行、破壊の連
鎖となり、やくざの裏社会の子供版となる。そこには子
供の人権も、学校教育法もなく、あげく子供は不登校と
なって大人のヤミ社会に入ってゆく。これが『教育』の
名で行われることが恐ろしい。
 橋下市長とはソラ恐ろしいヒトだ。

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。