スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のメルマガ、『科学論文の書き方、読み方の基本』を詳述

 STAP細胞ねつ造か、小保方さんの学位論文はその価値
が少ないとか、一般の人も科学論文とは何か、に興味がお
ありのはずです。そこで今回はそのものずばり、科学論文を
取り上げます。

■□■□■□■□■□■□■ 新おとなの学び場 ■□■□■□■□■□■□■


大槻義彦が叫ぶ、たたく、暴く。。。何を? (Vol.2,No.18)

                             {2014.10.17}
# バックナンバーのご購入はこちらから
 https://track.nifty.com/tr/ad/a6It/33Dl

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 Vol.2,No.18『科学論文とは何か、その本当の書き方、読み方講座』

===================================
目次
 (1)何のために科学論文を書くのか、またそれをどう読むのか
 (2)第1節、または序(INTRODUCTION)
 (3)第2節、第3節など強調する独創性的結果に至る手順
 (4)第4節、独創的結論
 (5)結語(CONCLUDING REMARKS)、および謝辞、引用文献
 (6)Q&Aコーナー

===================================
 (1)何のために科学論文を書くのか、またそれをどう読むのか
====================================
 STAP細胞騒動から科学の論文と何か、またそれの延長線にある博士号の学位論
文とは何かが問われている。一体科学論文とは何のために書くのか、またその科
学論文をだれが、どうして読むのか。

 一般には科学論文のことはほとんど知られていない。だから『科学論文を発表
する雑誌はだれが発行して、どのようなお金で運用、運営されているのか』も知
られていない。論文を発表した科学者は原稿料をいただく、とさえ誤解されてい
る。とんでもない。論文は原稿料をもらえるということはほとんどない。それど
ころか逆に『掲載料』を請求されることが多い。

 私もこれまで100篇以上の論文を発表したが、原稿料をいただいたことはまっ
たくない。それどころかこれまで総計500万円以上のお金を支払ってきたのだ。
つまりお金がなければ科学論文は発表できない仕組みである。もちろん大抵の科
学者は研究機関に所属しているからこのような論文掲載料はその研究費から支出
できる。

 STAP論文はネットなどで批判が始まったがそれらは論文の内容ではなく、単な
る文章などのコピー&ペーストの箇所の『あら捜し』であった。これは科学論文
とは何かが分からなくともできることだった。しかし、論文そのものの真の価値
についてはネットの議論では指摘されなかった。これは一般には科学論文とは何
かという評価が出来なかったためである。

 筆者はこれまで100篇以上の論文を発表、また40名ほどの大学院生の論文
作成を指導してきたので常に論文の書き方に触れてきた。またその科学論文が投
稿されて論文審査になれば覆面の審査委員(レフェリー)が指名されるが、その
レフェリーにも繰り返し選ばれてきた。日本物理学会のジャーナル、プログレス
.。。。。。。。。

安部内閣の『地方創生特別枠』予算のごまかし、1兆円はたったの1.2%

安部さんの『第3の矢』は一向に飛ばない、と海外か
でバカにされているが、『女性の活用』と『地方振興』は
安部首相が、その第3の矢の目玉の一つしてぶち上げてい
ることである。
 そのうちの地方振興に関して来年度予算を大幅アップす
るというのだから地方は大いに喜ぶ。朝日新聞から引用し
よう。
    (以下引用)
 政府は、地方自治体の予算の全体像を見積もる「地方
財政計画(地財計画)」に来年度、新たに1兆円超の「地
方創生枠」を設ける方針を固めた。各自治体が取り組む人
口減対策などの予算に充てるもので、安倍政権が重視する
地方対策の柱の一つになる見通しだ。地財計画とは、地方
行政に必要なお金の総額と財源を示すもので、今年度の総
額は83・4兆円。来年度は、必要経費を見積もる「歳出
総額」の中に、一般行政経費(今年度約33兆円)や給与
関係経費(同約20兆円)などに加え、少なくとも1兆円
超の「地方創生特別枠」を新たに設ける。
  (引用終わり)
 何?地方創生特別枠に1兆円だと?!たった1兆円か?
この特別枠とやら、全国1741の地方公共団体にちょっ
ぴりづつ配分される。なにしろ地方自治体の予算計画(知
財計画)は今年度83.4兆であったのだから1兆円の特
別枠は、それのたった1.2%ではないか。
 これではアベノミックスの目指すインフレ率3%にも遠
く及ばず、その民間予測の2%にすら届かない。ごまかし、
騙しのテクニックではないか。
 もともと、地方自治体に配る予算は行政サービス経費と
地方公務員などへの給与である。政府が2%のインフレを
見込むならばその自治体予算も当然2%の自然増が当たり
前なのだ。
 それを思わせぶりにたった1.2%増やして、インフレ
による自然増も無視して『地方創生特別枠』とは笑止千万
である。アベノミクスのごまかしには騙されないぞ。これ
で地方創生など絵に描いた餅ではないか。

『中田考』、考

GUNOSYというニュースまとめサイトは良く利用する。テ
レビも新聞も見ていない私にとって、このニュースのまと
めサイトは便利と言えば便利である。世界中のニュースの
(無断?引用、コピペ)のオンパレードである。
 10月9日の、このGUNOSYにおかしな『ニュース』が掲
載された。  
(以下引用)
2014年10月8日
株式会社カリフメディアミクス
代表取締役社長 中田考
代表取締役CEO 宮内春樹
10月7日、弊社社長 中田考が「私戦準備及び陰謀」の容疑で
捜索を受けている北海道大学学生の参考人として家宅捜査
を受けました。以下に、本件における弊社と中田考の見解
を記します。
本件に至るまでの経緯
弊社は、正義と人道に基づくグローバリゼーションの理念を
表現する論文、ノベル及びコミックス等の企画、編集、制
作及び出版等を主な目的としており、中田は「一神教と国
家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教」を集英社から出版
するなど、自社の理念の達成のために精力的な活動を続け
ています。本件は、中田がイスラーム国の前身であるヌス
ラ戦線、イラクとシリアのイスラーム国を訪れ、現地の友
人たちから彼らの月給が30-50ドルであることを聞き
知り、それをツイッターなどで人々に知らせたことから、
既知の古書の店員がイスラーム国に行けば戦闘員として有
給で暮らせると理解し、店舗に求人の貼り紙を掲載したの
が発端です。古書店員の周りには、変わった職業に興味を
持ち求職中である若者が多く集まっていると伝え聞いてお
り、本件張り紙はその活動の一環としてなされたものと推
測しております。一部では、中田がイスラム国のリクルー
ターであり、張り紙は古書店員の方に依頼し中田が貼らせ
た、と報じられていますが、全く事実とは異なります。イ
スラーム国はそもそも日本で義勇兵のリクルートなど行っ
ておらず、中田はイスラーム国のメンバーでもなく、リク
ルートを行う立場にもなく、また貼り紙の求人についても
予め知ってもおらず、関与もしていません。古書店員は求
人を見て興味を持ったという北海道大学の学生を中田に紹
介し、中田は古書店で求人を掲載していたことを把握して
いませんでしたが、紹介を受けた学生のイスラム国渡航の
ための支援を開始しました。
イスラームの教えと本件における中田の思惑
中田は、イスラム世界において幅広い人間関係を持ち、本
件以外でもエジプト・トルコ・イラン・マレーシアなどへ、
希望する学生の留学の手配を行っており、本件もその一環
に当たります。また厳密に言うと本件は戦闘員(ムジャー
ヒド)である前に、移民(ムハージル)として日本人が一
人イスラム国に行くということが中田からイスラム国幹部
に伝えられています。
一部報道においては、「学生は自殺するためにイスラム国
入りを希望していた」「人を殺したいためにイスラム国を
希望していた」とされ、「それを斡旋する元大学教授・中
田考の良識を疑う」旨伝えられております。しかし、イス
ラームにおいては、他人の内心を詮索することはしません。
信仰告白をした人間であれば、誰であってもイスラム教徒
として扱う義務が生じます。そして、すべてイスラム教徒
はカリフが支配する地で暮らすことが義務であり、中田は
他にカリフのいない現状においてはイスラム国指導者のア
ブー・バクル・バグダディ師を現時点における正当なカリ
フとみなすのが最も妥当であると認識しております。以上
のような事由により、渡航を希望している学生の斡旋をす
ることは、何ら不自然な点はなかったと認識しております。
また、こと本件においては中田の思惑としては平和憲法に
よって培われた戦後日本と他の先進国とは異なる「イスラー
ム過激派」とされる組織らとの関係の中で、学生にイスラー
ム国と日本の架け橋になってほしいという考えもありまし
た。中田は以前から、同志社大学にターリバーンの幹部を
招聘し宗教対話を行うといった活動をしてきました。そう
した活動が、政府により積極的に阻害されないことが、
「イスラーム過激派」とされる組織らが日本に一定の信頼
を寄せる根拠になっていました。
言うまでもなく、「イスラーム過激派」といわれる組織に
も一定の論理があり、正義があります。それを平和的言論
で国際社会に伝えること、そしてそれが可能になる素地を
作り、守ることが自身の使命であると、中田は考えており
ます。しかし、強まるイスラーム国への国際社会の批判と、
それに追随する日本政府という構造の中で、今回の捜査は
なされました。今後は集団的自衛権を根拠としたイスラム
国への武力行使もあり得るかも知れません。これまで「イ
スラーム過激派」と欧米との架け橋としてあり、今後もな
り得た日本という国の特殊性は失われつつあり、本件はそ
の表出であると考えております。
    (引用終わり)
 中田考という教授モドキは、私の好きな男の一人である。
なぜなら、とにかく変わっているからである。つまり『普
通でない』からである。普通な学者はつまらない。
 とくに中田考がイスラム国と深いつながりがあることは
今回の家宅捜査で明らかになった。すべての先進国で政府
とマスメディアがこぞってイスラム国を批判して、あげく
爆撃すらやっている中で、中田考はそれにあからさまに挑
戦した。えらい!
 もちろん、私には中田考は偉すぎる。私にはついて行け
ない。ただちょっぴり憧れるだけである。私は日本の若者
をイスラム国に行け、とそそのかすことなど思いもよらな
い。
 私には、ただ秘かに、イスラム国叩きに同調しない、多少
の『節度』があるだけだ。
 

文科省、『文系を廃止せよ』と通達だと?!

 東京新聞9月2日朝刊によれば国立大学の組織改革案と
して『教員養成、人文社会科学系の廃止や転換』を各大学
に通達した、という。
 文科省、気はたしかか?たとえば東大という国立大学が
ある。この大学から法学部、経済学部、文学部、教育学部
などを『廃止や転換』にするのだと?それに地方国立大学。
これらな旧師範学校の流れをくむから教育学部、教員養成
学部が中心である。これを廃止、転換したら地方大学その
ものの存立が怪しくなる。
 『廃止や転換』というがこれは結局『教員養成系や人文
社会系を廃止または理工系への転換』を言っているのだ。
何とも恐ろしい発想ではないか。国立大学から教育、人文、
社会系学部が無くなって、工科系のみになったキャンパス。
なんとも寒々とした大学風景ではないか。
 安部内閣の知的水準の低さに唖然とする。なぜなら、こ
れらの文科省通達は昨年の6月に閣議決定された『国立大
学改革プラン』にのっとったものだからだ。

教育の目的は哲学と芸術を教えること、さて日本は?

 今週金曜日発行のメルマガ以下の通りです。ぜひお読みください。

 https://track.nifty.com/tr/ad/a6It/33Dl

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 Vol.2,No.17 『欧米、教育の目的は哲学と芸術、日本では哲学でないもの』

===================================
目次
 (1)ストラスブール大学の石碑、教育の目的とは
 (2)フランスの学校教育
 (3)日本の学校教育、『哲学でないもの、芸術でないもの』
 (4)根本的なもの、根源的なもの
 (5)Q&Aコーナー

===================================
 (1)ストラスブール大学の石碑、教育の目的とは
===================================

 1969年夏、東大講師として工学部物理工学科に在職していたころ、フラン
スの北西ストラスブールの国立ストラスブール大学の客員准教授として招へいさ
れた。日本は梅雨末期で蒸し暑かったがストラスブール大学キャンパスは広大で、
空は快晴、気温22度Cぐらいで別天地であった。

 ストラスブールは町の東をライン川が流れ、その対岸はドイツ・ケール地方だっ
た。したがってストラスブールはドイツの領土だったり、フランスの領土だった
りと、複雑、微妙な地方である。住民の多くはフランス語もドイツ語も堪能であ
る。しかもここでは若い層を中心にアメリカ文化も浸透して英語も通じるのだ。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。

香港から、逃げるか闘うか、何を今さら

夏場、バンクーバーに滞在しますが、『バンクーバーの
副都心』と呼ばれるメトロタウンには中国人だらけです。
私のマンションの同じ階には数年前までには白人3家族、
中国人1家族でしたが、今年の夏にはこの階全部が中国人
になっていました。横断歩道で迎え側から歩いてくる人は
ほとんどすべて中国人です。
 つまりこの中国人たちは実は香港の中国への返還のとき、
中国共産党の支配、規制、強制などを嫌って逃げてきた人
たちかその関係者です。当時、イギリスはイギリス系の国、
つまりアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーラ
ンドなどの逃げたい香港人の特別受け入れを要請しました。
その結果が『メトロタウンの香港人占拠』となりました。
 ところがここにきてこれら香港人たちの多くが本国香港
に戻りたいというのです。カナダには、中国人の働ける職
場がありません。当たり前です。カナダ人にもカナダで働
ける職場はなかなか見つからないのです。
 それに比べて香港の発展ぶり。金融ハブとしてアジアや
中国の発展とともに大きく伸びています。よし、香港に帰
ろう。
 その矢先に、先週からのデモ騒ぎです。え?何?香港に
自由をくれ、民主的選挙を求めるだと?
 香港から共産主義が嫌で逃げた人たちも、お金が無くて
逃げれなかった人たちも、すっかり忘れていました。『一
国二制度』で香港は中国第二の政治制度、つまり自由、民
主主義が保障された制度と。
 違います。『一国二制度』と言って共産主義と自由民主
主義が共存する制度などありえません。香港には自由も民
主主義もないのです。すでに共産党独裁の中国の一部なの
です。ここに『話し合い』などあるはずはありません。
--

またまたノーベル賞、万歳!

またまたノーベル賞です。昨日夜、ノーベル物理学賞は
赤崎勇教授など3名の応用物理学者が受賞しました。ここ
のところ1年おきにノーベル賞が日本人にきています。フ
ランス、イギリス、ドイツのノーベル賞常連国の影が薄く
なっています。
 今回のLEDの発明はもちろんきわめて独創的なもので世界
的な注目をあびましたが、その後このような光学分野、応
用光学分野での発展がものすごいスピードで、LEDなど当た
り前の技術に見えてしまって注目度は失われてきていまし
た。つまり赤崎さんたちの貢献など忘れかけていたのです。
 その意味からもノーベル賞の選考委員会のレベル、判断
力は優れています。彼らは『時期』を見ていたのです。LED
技術が高速通信技術や省エネ技術に広く応用されてきた現
実を正しく評価しました。つまり発明の独創性はもちろん
ですが、その社会へのインパクトの大きさも、時間をかけ
て見ていたのです。ノーベル賞選考委員会に、脱帽です。
 それにしても、さらに脱帽するのは毎日新聞です。すで
に10月1日の記事でLEDの受賞を予見していました。
    (以下引用)
昨年は万物に質量を与えたとされる「ヒッグス粒子」の提唱
者らに贈られた。今年は物性分野が注目されている。例えば、
発光ダイオード(LED)など光学分野は日本の活躍が目立
ち、青色LEDの実現には名城大の赤崎勇終身教授、米カリ
フォルニア大の中村修二教授の功績が大きい。。。。。。
    (引用おわり)
 つまり毎日新聞は今年のノーベル賞の受賞はイの一番に
赤崎教授と中村教授の二人をあげました。通常、メディア
で事前に報道されるとノーベル賞委員会は直前になって受
賞者を変更することもあるのです。これは事前にメディア
に情報が洩れてしまったという不名誉な噂を嫌うためです。
 今回毎日新聞が赤崎教授受賞を報道したことでこの心配
がありました。しかしこれが毎日新聞でよかった。たとえ
ばこれがウォールストリートジャーナルなら、今回の赤崎
教授たちの受賞は見送られたかもしれない。毎日新聞の
『予想記事』は無視されて良かった!(失礼)
--

種子島紀行

昨週週末より、本ブログ更新できず、申し訳ありませんでした。
3日、金曜日から種子島で講演を依頼され、台風の中を種子
島に滞在、猛烈台風のまっただ中、『本物の台風』を初めて体
験しました。その上、ホテルはメール接続が出来ないという、い
まどきめずらしいホテルで、メールも、ブログも、メールマガジン
の更新もまったく不可能でした。
 めずらしくメール更新をしなかったためか、一部には、『大槻
は死んだかも』という噂が流れ、人々を喜ばせました。残念で
すが講演は中止になりましたが、種子島という素敵な島のす
ばらしい景色と心のこもった人情に感激して帰還しました。
 その上、食べ物も本当においしいものがありました。とく
に気に入ったのが
         『アンノウ芋』
でした。私の大好きなイチジクよりももっと甘く、香ばしい芋
です。これは種子島の
宝、いやいや国の宝です。ほかに焼酎などがあったようで
すが、お酒は苦手なので論評できません。
 島の人々は本当にあけっぴろげでやさしく、人情みあふれ
る方々でした。お初にお目にかかったのに、もうすぐ兄弟の
ような、親子のような対応でした。
 宇宙ロケット打ち上げ基地はすばらしい景色の中にありま
す。打ち上げ場所のすぐ前には太平洋の海が紺碧な青にか
がやき、それを眺めるだけで基地中心部に入れなくとも満足
でした。私の教え子たちも何人かJAXAに勤めていますがす
べて本社勤めですからかわいそうです。
 種子島の皆様、本当にありがとうございました。一生の思
い出です。
 

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。