スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古館伊知郎2枚舌、テレ朝への政権圧力に屈し、報道ステお終い

 このテレビ局の看板番組、一人で取り仕切る古館伊知郎
はついに『馬脚』を表した。この番組騒動を伝えた,
Business Journal 3月28日(土)18時1分配信をまず引用しよ
う。
    (以下引用)
Business Journal 3月28日(土)18時1分配信
古舘伊知郎に批判殺到「視聴者に嘘ついた」「政治権力にす
り寄り」「化けの皮はがれた」
 テレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)生放送
中に起こった、コメンテーターによる“降板の裏側暴露&
口論”騒動が波紋を呼んでいる。27日放送の同番組に生出
演した元経済産業省官僚の古賀茂明氏は、キャスターの古
舘伊知郎から中東情勢に関しコメントを求められると、
「ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会
長と、(古舘の所属事務所)古舘プロジェクトの佐藤(孝)
会長の意向で、今日が最後ということに」と発言。これを
受け古舘は、「ちょっと待ってください。今の話は承伏で
きません」と反論したが、古賀氏は「古舘さんもその時に
おっしゃりました。『この件に関してはお役に立てなかっ
た。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきまし
たので、そこまで言われるならすべて(音声を)出させて
いただきます」と語った。
    (引用終わり)
 もともと政権批判の強かった前任者 久米宏のクビを挿
げ替えたのもテレビ朝日の上層部が政権からの圧力に屈し
たため、と報じられた。後を継いだ古館伊知郎も引き続き
政権側からの圧力を受けていることが暴露されたのだ。
 それに古館は久米と違って、その圧力に屈して、保身に
成功して、その代わり担当のディレクター達をこの番組か
ら追い出した。それに政権にきびしいコメンテーターも巻
き添えにしてクビにした。
 古館伊知郎はこのような政権とテレ朝上層部に抵抗する
素振りを見せながら、醜い保身を計ったのだ。もともと古
館伊知郎とはこんな男だった。この番組が久米から古館に
変わった段階で、もう古館の態度、政治性は決定していた
のだ。
 それにも拘わらず古館は番組内で政権批判めいたことを
口走ってきた。しかしこれは本心ではなかったのだ。つい
に古館は馬脚を表した。政権や上層部にもいい顔し、クビ
になったコメンテーターやディレクターにもいい顔して、
とどのつまり視聴者を裏切り、政権側の言いなりになった。
 古館伊知郎はかつてNHKのクイズ番組『日本人の質問』
に出演していたとき以来知り合いである。その政治的な感
じは良く言えば『無色』、悪く言えば『無知』であった。
それがテレビ朝日のキャスターになったとき、『オヤオヤ、
彼に勤まるはずないのだが。。。』という感想を持った。
 しかし彼は持前の頭の良さから、何とかこれまで勤めあ
げてきた。コメントもしばしば政権批判に傾いた。しかし
これは番組を仕切ったディレクター達に忠実に従っていた
のだ。
 報道ステーションと古館伊知郎はもうおしまいだ。政権
びったりの報道ステーションなど消滅だ。視聴者は政権びっ
たりの報道を見るなら日本テレビやフジテレビを見ること
になるからだ。

 
スポンサーサイト

斗蔵さんからのコメント、『アメリカの天才少年も後は見事な凡人』

斗蔵太郎さんからの投稿(コメント欄)
 たしかに、学習と暗記の天才みたいな人がいますね。そういった人々に
とっては、数学や物理学も暗記科目となってしまい、いい点数を取れます。
現在の入試制度では、どんな難しい大学の、どんな難しい学部にも入れ
るでしょう。役人になることも、医師になることも、文科系ならば大学の教
師になることも可能でしょう。世に言う「教育ママ」は、そうした学習と暗記
に優れた人々を「天才」と呼びます。
 まったく新しいものを創造するには、能力が現代の学問の水準の先端
に達していること、つまり学習が前提ではありますが、それに加えてサム
シングが必要です。創造性と呼んでいいでしょう。残念なことに、創造性
はほとんどの人々とは無縁です。したがって、天才はなかなか理解され
ません。
 以前、アメリカのテレビで「Q200の天才少年」のその後を追跡する番組
をやってましたが、全員、成長して見事な凡人になりました。皆良い大学
は出たのですがね。
 ------------------------------
 大槻からの回答
 まったく斗蔵さんのおっしゃるとおりです。まさに私が言いたかったこと、
ズバリ です。ところで『斗蔵』さんと言うペンネーム(?)、私のふるさとの
『斗蔵山』と関係がありますか?

大塚家具騒動、異常な同族会社の株式公開を規制せよ

長年の間、大塚家具のお世話になってきた。とくに板橋
支店は家が近くだったせいもあって、よく利用した。しか
し今回の騒動には驚くやらあきれるやら。
 大塚家具はこの騒動によって、大会社の社会的責任と信
頼性を放棄した。それもこれも、創業者の独断と偏見と無
責任が原因である。その創業者は今回の株主総会で追放さ
れるのは当然である。
 私の知り合いでも、中小企業から大企業まで、経営者と
名のつく友人は多い。その中で創業者と名のつく人々もた
くさんいる。それらの創業者は賢く(賢いから創業して成
功したのだ)、決して退任環境でみっともないことはしな
い。つまり会社を始めるときも偉かったが辞めるときも偉
かった。
 これに比べて今回の大塚会長は創業時は偉かったが辞め
るときはブザマだった。彼はまず常勤取締、執行役員をほ
とんど身内で固めた。社長に長女、取締役に長男、次男、
娘の夫を配したのだ。身内でないのは『社外役員』であっ
た。
 これが今回の騒動の始まりである。もし役員に創業者身
内を入れていなければ今回の騒動は起こらない。それでも
大塚会長には自分の会社だから他人に渡したくないという
欲があった。それならばそれでかまわない。株式を身内だ
けで持ち、決して株式公開、株式上場をしてはならない。
 最近では株式上場の基準はきびしくなっているが、それ
でも今回のような騒動を招き、一般投資家に損害を与える。
この際もっと上場基準を厳格にして身内、親族が会社役員
の大半を占めるような会社を排除しなければならない。
 このような上場基準の厳格化、安部自公政権では出来な
いだろう。同族会社ほど政治家とつながり、政治献金も多
い傾向にあるからだ。
--

韓国の『大天才』はでっち上げのヤラセ天才、を笑う

CHOSUN ONLINE 3月22日号に、韓国の
大天才のことが書かれていた。
   (以下引用)
 1歳でハングルを習得し、2歳で千字文(子どもに漢字
を教えるために用いられた漢文の長詩)を完全に覚え、3歳
で微積分をマスターし、天才少年として知られたキム・ウ
ンヨン氏は現在、京畿道議政府市内のある大学で数学と物
理学の講義を行っている。かつて米国航空宇宙局(NASA)
の研究員となったが、周囲の環境に適応できず帰国し、そ
の後は一時地方の政府系企業に就職したこともある。当時
キム氏を知る人たちは彼のことを「失敗した天才」と呼ん
でいた。すでに50代半ばとなっ。。。。。。
   (引用終わり)
 海外、とくに韓国、アメリカ、中国などではこのような
『超天才児童、少年』がしょっちゅう現れる。しかしこの
ような超天才がアインシュタインのような大物理学者になっ
た試がない。
 第一、『3歳で微積分をマスターした』などありえない
ことだ。言葉もまだ完全でないのに微積分の深い意味など
決して分かるはずはない。この子供は単に公式の暗記をし
ただけだ。xの3乗を微分すれば3×(xの2乗)になる
と覚えたのだ。
 このような暗記は3歳の幼児でも可能である。人間の脳
の記憶容量は3歳ぐらいでその頂点に達する、とさえ言わ
れているのだ。ただ、普通のまともな親は3歳の児童に微
分積分を教えないだけだ。
 したがって韓国の、この超天才、『失敗した天才』では
なく、『幻の大天才のでっちあげ』だったのだ。つまり韓
国の大人がバカだったのか、幼稚だったのか。
 しかし笑ってばかりで居られない。日本でも、これに似
たおかしな『天才作り』が流行っている。その一つが『数
学オリンピック』とか『物理オリンピック』の空騒ぎであ
る。
 この種のオリンピックではやはり韓国はつねに上位に食
い込むが日本も相当上位に行く。このことは韓国ではトッ
プニュースになるが日本では大きくは報道されない。
 それもそのはず、数学オリンピックが始まって30年近
くが立つが、そのときの日本人優勝者はとうに50歳近く
になっているはず。この数学オリンピック優勝者たちのう
ち、一体だれがノーベル賞受賞、または受賞候補になって
いるか?!
 子供の教育でもっとも重要なことは練習問題の回答能力
ではない。そうではなく、その学問の論理や宇宙観、生命
観なのだ。練習問題解答能力などその後でついてくる。本
物の大天才アンシュタインの勉強の過程はこのようなもの
であった。
--

『日本の大文豪、東大からのみ』の謎解けず、本来東京帝国大学の目的は富国強兵

 私が長い間かけて、物理学分野の他に読んだ本(文学作
品)は結構あるが、ことのほか好んで繰り返し読んだ本の
作者は 
 森鴎外、谷崎純一郎、芥川龍之介、永井荷風、
 太宰治、川端康成、夏目漱石、三島由紀夫
 大江健三郎、井上靖
などである。
 これが驚きなのだ。上のリストで東大以外の作家は永井
荷風、井上靖(京都大学)二人だけなのだ。東北大学出身
はゼロ、名古屋大学出身もゼロ、大阪大学出身もゼロなの
だ。
 もちろん東北大学卒では北杜夫、大阪大学出身者では司
馬遼太郎、はいるが私はこれらの作家の本は読んだことが
ない。もちろん私立大学、とくに早稲田大学出身の作家は
多いがとくに『大文豪』というほどではない。たとえば早
稲田大学出身の作家は
 正宗白鳥、国木田独歩、火野葦平、尾崎四郎、横溝利一、
 井伏鱒二、石川達三、村上春樹
などが居る。残念ながらこのうち、私が読んだ作家は石川
達三だけである。
 一体なぜ日本の大文豪がかくも東大に集中しているのか?
もともと東大(東京帝国大学)は明治政府の高級官僚、明
治政府の日本帝国統治者養成を第一の目的として設立され
たのだし、そのように機能してきた。
 それにもかかわらず、その統治機構を揺るがしかねない
作風の作家をかくも大勢輩出したのが不思議である。とく
に私が好んで読んだ、
 芥川龍之介、太宰治、川端康成、三島由紀夫
はこれすべて自殺しているではないか。つまり上に挙げた
8人の東大出身作家のうち、その半分は自殺しているのだ。
 こうして改めて考えると、私が心惹かれて熟読した作家
は『東大出身の自殺作家』というわけだ。しかし自殺など
私には縁遠いから、ここでは東大というところだけを問題
にする。何故、日本帝国の統治を目的とする東大から、か
くも大勢の大文豪が生まれたのか。しかも川端康成、大江
健三郎はノーベル文学賞を授与されて国際的にも評価され
ている。
 この半年ほど、自分で上の疑問を考えようとしたが、つ
いにお手上げである。このブログ読者で明快な答えをお持
ちのかたがおられれば教えてください。
--

下関市長、自分の管轄する市立大学から修士論文拒否されたオソマツ

 北海道新聞3月16日号より引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  山口県下関市の中尾友昭市長(65)は16日
の定例記者会見で、自身の論文を修士不合格とした理由を
ただすため市立大の学長に面会した問題で「混乱を招き、
市民におわびしたい」と謝罪した。当初は審査過程に関し
大学側に情報公開請求する方針を示していたが、撤回した。
 学長への面会は、市立大の設置者である市長による大学
への圧力だとの批判が出ていた。中尾氏は「論文をさらに
ブラッシュアップし、博士課程の論文にしたい」と述べ、
出身の東亜大大学院(下関市)に提出したことも明らかに
した。中尾氏は東亜大大学院で企業法学を専攻し、既に修
士号を取得したと説明している。
    (引用終わり)
 中尾下関市長は、修士論文や博士論文を提出し、審査を
受ける以前に、すでにその学位に不適格であることが証明
されている(笑)。設置者である市長の立場で修士論文を
提出してそれが不合格になると、下関市立大学当局に圧力
をかけて脅し半分の『情報公開請求』と発表した。
 これは社会通念上も大学院設置基準上も、学問の常識上
からも到底許されないことで、それをまったく分かってい
ない者は修士論文、博士論文の資格がない。学位は単にそ
の研究の成果の記述だけに与えられるものではない。
 学位はその学位を取得するにふさわしい学識とその分野
にふさわしい人格が要求される。したがって学位審査は論
文審査だけでなく、面接を受けるか、指導教授の学識、人
格の評価が必要なのだ。
 中尾市長はこの面接での教授会の評価という微妙な内容
まで『情報公開』してもらうつもりだったのか。やれば良
かった。こうなったら市立大学の審査委員会はむしろ堂々
と情報公開してしまったらよかった。そうすればこの市長
がいかにオソマツな学識の持ち主と判定されていたかが分
かり、実に面白かったはずだ。
--

研究不正と『科学詐欺』、研究倫理講習など役立たず

JAPAN SKEPTICSという団体の講
演会が大阪であり、出席しました。テーマは『科学不正』
というもので,話題になったSTAP細胞騒動も取り上げら
れました。
 講演 は『科学ジャーナリスト』という人、元物理学をや
っていた人、元物理工学をやっていた人の3人でした。3
人はさまざまな分野で起こった論文不正について、相当詳
しく(時間を超過してまで)講演されました。
 論文不正について、
(1)意図しない計算、測定ミス
(2)論文の上での言葉、つまり英文のミス、表現のミス
(3)論文の上での図表のミス
などは、当然起こりうることですので、これらは大きな問
題として取り上げないことが重要です。『教育、研究はミ
スに寛容な分野です。教育、研究に誤りの回答は付き物で
す。生徒、学生、研究者はこれらの誤りは糾弾されること
なく、やがて本人も含めてまわりから訂正されます。
 このよなミスに関して『処分』などもっての他です。
 しかし、もちろん、意図的なねつ造の計算、測定などが
行われることが問題なのです。これは科学分野の研究詐欺
となります。これは許せないことで、場合によっては刑事
告訴すべきです。『オレオレ詐欺』と変わるところがあり
ません。
 この講演会で、二つの気になる質問が会場から出ました。
一つは高校の理科の先生から出たものでした。
  『こんなに研究不正が多いのでは、物理の教科書にのっ
ている事実も研究不正の結果か、と疑ってしまう』
というものです。
 これはもちろん違います。不正な論文は1年も経たない
うちに追試、計算のやり直し、コンピューターによる
再確認作業などによって立ちどころに訂正されます。心配
無用です。
 もう一つは文部省などが音頭をとった『研究不正撲滅の
ための研究倫理講習、指導』などのことです。このような
努力は無駄でもないでしょうが、ほとんど役 には立たない
でしょう。世にオレオレ詐欺が横行するからといって中学、
高校、各地の青年会で『不正詐欺撲滅のための講習会』な
どほとんど役に立ちません。科学詐欺はやはり刑事告訴す
るしかないのです。
 しかしここが問題です。告訴には被害を受けた当事者が
必要です。しかし、学会、または学会誌、一般論文誌に出
された論文はその被害者が特定されません。それなら学会
の会員の有志の告発はできるでしょうか?それも現実的に
は不可能です。研究者はそんな余計な仕事の余裕はありま
せん。
 科学詐欺と断定されても告訴、告発が不可能ならば、被
疑者は研究職を失うだけですべてが終わりです。これでい
いのかどうか、さらに議論が必要です。 
--

LINKEDIN とは、S.Sさんからのお答え

前回、LINKEDINというサイトで困っている話を書きましたら、S.Sさんから以下の
ようにお答えいただきました。S.Sさん、ありがとうございました。

 ビジネス用途専用のSNSだそうで
評判が悪い(?)ってのは言い過ぎかも知れませんが、所謂ビジネスマンが転職とか商談など仕事用に使うことを目的として出来たSNSだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/LinkedIn
http://www.linkedin.com/

ただSNSやITを仕事にしている方では、LinkedInは日本人向きではないって評価が主だそうです。
http://thebridge.jp/2015/01/why-japanese-dont-use-linkedin
http://blog.btrax.com/jp/2013/09/08/linkedin2/
           (S.Sさんより)
 わざわざ教えていただきありがとうございました。どのような商売にしろ、ひとのメルアドを使って
勝手に『仲間になりましょう』と誘うのはけしからんことです。二つ問題があります。一つは何故その
人、つまり私がこれまでメールをさし上げたことのある人のメルアドがLINKEDINで分かったのか、
です。つまりこの会社は絶えず関係のない人のメールをスパイしているのか?さらに私がそのひと
をLINKEDINに誘ってもいないのに、私の名前で『つながり』を求めるメールを偽装するのか、です。
 私はS.Sさんとは違って、このLINKEDINのやり方に抗議します。

LINKEDINのあやしさ

LINKEDIN とかいう新たなSNS(?)で、最近私、大槻の名前で『友達登録、つながり要請』という送信がなされています。私にはまったくあづかり知らぬことですのでご注意ください。一体、この評判の悪いLINKEDINとは何者でしょうか?

日本を『戦争の出来る国にしたい』という阿倍総理閣下の無駄な努力

先程、配信しました。『大槻義彦の叫び』をごらんください。

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。