スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中曽根元首相、『土人女の強制徴用に関与』、報道特集に衝撃

LITERA 7月25日号には中曽根元首相その人が
慰安婦徴用に関与していたというTBS『報道特集』に内
容を詳しく報じている。防衛研究所には中曽根元主計長の
取り計らいで『土人女を集め慰安所開設』という記載があ
るという。LITERAのその部分を引用しよう。
    (以下引用)
。。。。本サイトは防衛省のシンクタンク・防衛研究所
で中曽根が当時、主計長として統括していた「海軍航空基
地第2設営班」の資料を入手。そこに中曽根主計長の取り計
らいで、「土人女を集め慰安所を開設」という記載がある
ことをスクープしたのだ。
 慰安婦への軍の関与と強制徴用を証明する明らかな客観
的証拠だったが、当時はどの新聞、テレビも一切無視。い
つもの「反日勢力のデマ」ということで片付けられてしまっ
た。
 それを今回、『報道特集』が追及したのである。中曽根
の手記や第2設営班の記録はもちろん、元慰安婦や元日本兵
の証言もまじえつつ、徹底取材で軍の関与や強制の事実に
肉薄するものだった。案の定、報道後はネトウヨの攻撃で
炎上状態になっているが、そうしたリアクションが予想さ
れるなかで、あえて踏み込んだ『報道特集』の勇気には拍
手を送りたい。
 しかも、『報道特集』がこの時期に、この問題を取り上
げたことにはもうひとつ大きな意味がある。それは、安倍
政権が慰安婦問題をなかったことにするために立ち上げた
自民党のプロジェクト「日本の名誉と信頼を回復するため
の特命委員会」の委員長に中曽根の息子である中曽根弘文
が就任したからだ。
    (引用終わり)
 何となんと、慰安婦の強制徴用はなかった、と繰り返し主
張してきた自民党の大親分、超親分の過去にこそ、そのま
んま『土人女を慰安婦に強制徴用した』事実があったのだ。
 その『土人女』には親や兄弟、あるいは夫や子供もいた
のだ。中曽根元首相とその一家、それに自民党、公明党の
人びとは、このことに胸が痛まないのか?!もし胸もココ
ロも傷まず、『土人女』のことなど忘れようとするなら、
もはや人ではない。
 これを『ひとでなし』という。
--
スポンサーサイト

レーザー光で放射能を消す、だと?!ロシアの科学のウソ

『ロシアNOW』7月17日によると、放射能廃棄物の
放射能をたちどころに消し去る技術を開発したという。こ
れは例の『EM菌詐欺』と同じ類か?まず、その記事を引
用しよう
    (以下引用)
 プロホロフ一般物理研究所マクロキネティクス非平
衡プロセス実験所のゲオルギー・シャフェエフ所長率いる
同研究所のチームは最近、放射性廃棄物を処理する課題の
解決にかなり近づいたことを明らかにした。一部の放射性
元素は、特殊溶液中でレーザーに露光すると、すばやくか
つ簡単に中性化することが判明した。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 シャフェエフ所長のチームは現在、ドゥブナ合同原子核研
究所の結果検証を待っている。超高純度ゲルマニウムをベー
スにした敏感型ガンマ線スペクトロメータを物理学実験所
に持ち込む。これによって、プロセスをリアルタイムで観
察できるようになる。対照実験はセシウム137で行われる。
 ドゥブナ合同原子核研究所核反応実験室の上級研究員で
あるサルキス・カラミャン氏はこう話す。「このプロセス
を自分の目で見ないと、説明探しができない。私は実験核
物理分野で50年以上仕事をしているが、レーザー光または
特定の化学的環境のもとで核の崩壊が急に加速するとは信
じ難い」
      (引用終わり)
 ドウブナ原子核研究所のカラミャン博士の言うとおり。
光レーザーを使おうと何をしようと『化学反応』で原子核
の状態をコントロールは出来ない。第一、関与するエネル
ギー領域が違うのだ。
 光励起にしろ化学反応のエネルギーの程度は0.1eV
(エレクトロン ボルト=電子ボルト)であり、核の変化
に要するエネルギー数MeV(ミリオン エレクトロン ボ
ルト)、あるいはそれ以上とは桁違いなのだ。つまりこの
種の化学反応のエネルギーの10の7乗倍、つまり100
0万倍違うのだ。
 これは例のEM菌の場合と同じ論理である。EM菌の作
用ももしあったとしても低エネルギーの化学反応である。
 もしレーザー光で核反応が制御できればこれはとんでも
ないことだ。加速器や原子炉なしに、レーザー光だけで放
射能を作り出したり、原爆材料を作り出せることになるか
らだ。
 ロシアは『科学先進国』である。とくに物理学や数学の
分野で独特の研究成果をあげてきた。これは社会主義の成
果と言えなくもない。しかし、同時にロシアには反科学、
非科学、あるいはオカルトの類も混在する。たとえばUFO
騒ぎはロシアとメキシコが主流である。

東芝『詐欺会計処理』で多くの被害者、推薦状を書いてきた私は?

東芝の不適切会計の第3者調査が完了して関係した役員
の大半が辞任という。これは一口で言えば儲かっていない
のに儲かっているように見せかけた『不適切会計』であっ
た。実際には世を欺いた『不正』、『詐欺行為』に当たる。
社長はじめ役員、旧役員の辞任どころではないはずだ。つ
まり詐欺罪による刑事事件である。
 この不正会計の公表で投資家が騙されて東芝株を買い、
合計数千億円の損害を被った。その他社債の購入もあった
のではないか。また関連する銀行団も騙された。
 それよりもっと大事なことは社員を騙したことである。
今後給与の減額、リストラが行われる可能性も高い。それ
よりも新入社員で東芝を選んで入社した者への背信行為で
彼らの一生をだいなしにした。
 私も長い間研究室所属の学部生、大学院生の就職先とし
て東芝を推薦し、推薦状を書いてきた。ざんきの至りであ
る。つまり東芝上層部は、この私をも騙してきたのだ。
 東芝社長の記者会見。『不適切会見であったが自分が直
接指示したものではなかった』という。東芝上層部が指示
しないのに各部門が一斉に不正会計の詐欺をやったのか?
指示なくして『一斉に』できるはずはない。
--

中国はここまで堕落か、200校ものニセ大学!

 サンケイ新聞今年初旬、以下のような記事を掲載した。
  (以下引用)
 偽ブランドに偽札、偽警官まで跋扈(ばっこ)しニセ
モノなら「なんでもござれ」の中国だが、このニュースに
はさすがの中国人も驚いた。南京市で「農村経済協同組合」
と称するニセ銀行が、大手の国有銀行そっくりの店舗を開
設し、高金利をうたって1年間で約200人から約2億元
(約38億円)をだまし取っていたのだ。犯人らは集めた
金を不動産投資に注ぎ込んだが昨年来の市況悪化で資金ショー
トを起こし、御用となった。(西見由章)
    (引用終わり)
 ブランド品のニセモノは中国では野放しだ。もちろん韓
国でもこの種のニセモノはどうどうと売られている。しか
し、いくら何でも、『銀行のニセモノ』とは開いた口が塞
がらない。ニセ銀行が存在することは驚くに当たらない。
中国では『地下銀行』(シャドウ バンク)が国の経済を
支えているのだから。
 ニセ銀行、地下銀行の横行する国はクニそのものがニセ
国家である、と言える。ニセ国家ではあらゆるモノがニセ
ものである。
 それならニセ大学はないのか。それが200校もあると
いう話である。バンクーバー在住の中国人のZ君によれば、
彼の友人は北京大学卒と言って商売をやっていたが、これ
がれっきとした『ニセ北京大学』だったそうだ。
 そう言えばアメリカにも2,3百万円ぐらい払えば『ニ
セ博士』の学位を出す大学院がたくさん存在する。このニ
セ博士の学位を某私立大学の教授が買ったと噂されている。
私は本人の直接確かめたが否定も肯定もしなかった。
 オカルトのテレビ番組でやり合っている『霊能者』もニ
セ博士をハワイにあるニセ大学院で購入したと言う。ニセ
博士サマはオカルト以上にインチキだ。
 注)この文章をアップしようとしたところ、朝日新聞WEB
ニュースに中国『幽霊大学』の記事が出た。以下に引用する。
      (以下引用、ASAHI7月19日)
 中国で、ネット上にはあるが実際には存在しない「幽霊
大学」が118校見つかった。就職で偽物の卒業証書を使
う手口が問題になっており、業者が架空のウェブサイトで
本物に見せかけようとして開設したとみられている。大学
関連の情報を収集しているサイト「上大学網」が6月、幽
霊大学の名前とサイトのアドレスを公表した。「北京科技
学院」「南京工商学院」などの名前が使われた。検索のた
め卒業証書の番号を打ち込むと「本物」と表示されるシス
テムや、実在する大学の紹介文を勝手に借用したケースも
見られた。2013年以降、今回を含めて計328校の幽
霊大学が発見されたという。

アメリカ海軍、『UFO存在の決定的証拠写真』とやら公開?これは蜃気楼の類

 GUNOSY、7月14日配信によるとアメリカ海軍の
『機密情報』流失で、UFOの存在が騒がれている、と言
う。
    (以下引用)
 1971年にアメリカ海軍が北極で撮影した写真が流出した。
その写真には、異星人の巨大なUFOが写っているとUFO研究
家たちは主張しネット上の異星人やUFOに関するフォーラム
は大賑わいだ。多くの人が、UFOが地球に存在する決定的証
拠であると断言している。
写真は、1971年3月に米海軍の潜水艦USSトレパンSSN674が、
アイスランドからノルウェーのヤンマイエン島に向かう航
海中に撮影したものとされている。写真に写るUFOがすべて
同じものなのかどうかは不明だ。
   (引用終わり)
 それにしても古い写真である。しかも白黒写真。すでに
1971年ならカラーフィルムが普及していたはずだから、
アメリカ海軍ともあろうものがこんな、20世紀初頭、あ
るいは19世紀末のような写真を撮るであろうか?ここか
らすでに疑わしい。
 このサイトには5,6枚の写真が載っているが、すべて
海面すれすれの物体である。物体のすぐ下の海面の荒波の
様子のサイズが異なるから、これら5,6枚の写真は同じ
ものを望遠のレベルを変えて映したのかもしれない。
 その中で望遠を使わない写真も一枚あるが、これは海面
すれすれ、海面の空気のゆらぎの中でぼやけているではな
いか。とすればこれは大気の温度の逆転による、一種の蜃
気楼を映しているのかもしれない。
 本来は地平線に隠れて見えない物体が海面付近での光線
の屈折効果で見えてしまう。異星人やUFOの『決定的証
拠』と騒いでいる人たちよ、その決定的証拠は淡い蜃気楼
か?!

大学院博士課程のあなたへ、先輩や周囲の悲観論のウソ

先日の大学院博士課程の方からの悲観的な人の相談に対
する私の回答に関しては、ブログ投稿欄や直接個人メール
でさまざまな批判が寄せられました。『教育的配慮』から
行った私の回答が良くご理解いあただけなかったようです。
 以下の掲載するのは二つ目の批判論です。
    (以下引用)
 「ほとんどの上位にある国、公、私大の准教授、教
授はこのようにして学会で高く評価された人々です。」......
これは,現実とは全く違います。 それどころか,とんで
もない誤解ではないでしょうか。 当人の学問業績,授業
内容と学生によるその評価,などを調査すれば,一目瞭然
です。その原因は,この日本では,終身雇用制であること,
教授の職位が”上がり”であり,降格制度がないこと,業
績点検とその評価にさらされることがないこと,准教授が
教授に昇格するときに,充分な業績審査がなされず,教授
会での”受けの良さ”が優先されていること,です。学に
おける教員の採用や昇格の人事におけるあれこれの駆け引
きは,「これが一体,学問の府か」と思えるような場面が
あります。は,学科の主任教授であった時,こうした悪弊
を排除するべく,「教員の採用は,常に公募による」,
「自校出身者を極力採用しない」,「年齢順の昇格はやめ
る」と決意し,公言しました。た,学生による授業評価制
度の導入を強く提案しました。日の日本の大学工学部では,
JABEEのために,いい加減な授業,規定の回数に満たない授
業,デタラメな採点と成績評価,などがすべて,禁じられ
ています。いい換えると,JABEEの施行以前は,それがまか
り通っていたということです。日の日本で,まだまだ,若
手研究者(ポスドクを含む)の研究職への就職の門が狭い
のは,縁故採用の根強い習慣,大学教員採用時の能力審査
の不備,教授職についた者の不見識,などが原因でしょう。
 昨今の大学教員の多くの不祥事も,そのためでしょう。
      (引用終わり)
 よく読むと、この方の反論は反論ではありませんね。
『JABEE、一般社団法人 日本技術者教育認定機構の
施行以前は大学のいい加減な人事がまかりとうっていた』
とのお説ですから、現在(JABEE施行後)は良くなっ
ている、ということですね。
 私が博士課程の方のお悩み相談について回答したのは過
去の大学人事のことではなく現在の人事の実態のことでし
た。したがって上の匿名の批判はまったく的はずれなので
す。
 なお、私はJABEEの評価など興味がありません。こ
の機構は民間大企業と文科省、有力工学部元ボスなどで構
成する『民間評価機関』ですから権威も正当性もありませ
ん。こんなものがなくても純粋科学の分野では人事は真っ
当ですし、真っ当になりつつあります。
 その証拠に、例えばノーベル賞候補に上がる物理学部門
の100名程度の人々で、どこにも採用されず過去も現在
も無職であった人などありますか?!ノーベル賞まで言わ
なくとも、たとえば私が編集長を30年やっている物理科
学月刊誌『パリティ』(丸善出版)に1年ごとに特集され
る『物理科学この1年』で取り上げられるその年の目っだっ
た業績の中で引用された若手科学者で、その後、無職を強
いられた人がいますか?!
 繰り返しますが、博士課程の若い科学者よ、頑張れ!す
ばらしい業績をあげて、学会でそれなりの評価を得れば、
有力大学のポストは必ず手に入るのです。
--

中国共産党、自壊の道か、それとも21世紀の寵児か?

中国共産党の政策は余りにもおかしい。その一つが昔の
『一人っ子政策』だった。これは国家権力で結婚、出産を
制限するもので人権問題にまで発展した。
 もっとおかしいのは『農民戸籍差別』である。人口の6
割を占める農民を地元に引き止め、移動、移住の自由を制
約、あげく北京大学の入学資格まで取り上げる。これは下
層、貧困層を地方に温存して、安い労働力として使うため
である。つまり一種の奴隷制度なのだ。
 その奴隷制度も、人口の6割にもなれば、国そのものが
奴隷国家ではないか。これが毛沢東が作った中国共産党の
なれの果てか?!
 優遇されているのは一部共産党幹部、その関係者、3割
程度の都市生活者。しかしこの層にもひどい仕打ちが待っ
ている。これらの特権者層は『地下銀行』から融資を引き
出し、それで土地、不動産を買いまくり、株、債券に投資
した。
 ところがすでに昨年あたりから不動産の値段が下がり、
担保価値がなくなり、夜逃げ、不動産の投げ売りがつづい
ている。そこで彼らは諸外国の不動産にメをつけ、東京港
区のマンション、カナダバンクーバーのマンションなどの
爆買いに走った。
 さらに、相次ぐ、共産党政権の景気対策で煽られた株式
投資に向かった。この1年で倍以上に上がった優良株はザ
ラである。ところが先週、この株に大異変が起きた。つま
り、あの『大暴落』である。
 もちろん株価の暴落や暴騰は常にあることだ。問題はこ
の暴落に政府が関与、なんと優良銘柄ばかり、取引市場の
約半分の銘柄の取引を停止したのだ。これには超びっくり。
半分の銘柄、とは超有力銘柄だから、つまりは取引所を停
止したに等しい。
 株式市場は『自己責任』で『自由に売買できる』ことが
保障されているから価値があるのだ。これが突然『閉鎖』
されるとは!これによって、見かけは自由主義経済と同じ
体裁をとって欧米、日本、韓国を手玉にとっていた中国が、
あらためて共産党政権であったことを思い知らされた。
 これが『自由過ぎた民主主義』ではなく『共産主義の自
由経済』の典型例で,これからの、新自由主義的な欧米、
日本の経済の対極にあるものだ、とするならそれはそれな
りに興味がある。
 はたして中国の『おかしく歪んだ共産主義』が成功する
だろうか。今私は21世紀の歴史をかたずを飲んで見守って
いる。

私のブログ『博士院生に対する応援メッセージ』への無理解な反論

 7月12日の、大学院博士課程の人の投稿への応援メッ
セージ記事に対して現在博士課程の在籍している方、オー
バードクターの方、大学教員、教官への応募、就職活動を
経験した方々などから様々な反響がありました。その一部
はコメント欄に匿名で掲載されています。
 たとえば7月12日付反論はこんな具合でした。
    (以下引用)
 博士課程を修了した人の研究職(大学)への就職が本人
の能力と努力次第,というのは全くの間違いです。 特に
大学の人事にはうさん臭い面があります。
 文系理系を問わず,大規模な私立大学では,理事の子弟
(または親戚),そして,自校の卒業者が,いい加減な "
審査" で教員に採用され,ろくに研究業績もないまま,若
くして教授に昇任,などということがあるようです。そう
した大学は,教員の大多数を自校卒業者で固めた同族の "
生活互助会"。 どんなに優秀な教授でも,自校出身者でな
ければ,その大学では,所詮,外様扱いです。私自身につ
いて言えば,ある時,ある大学の教授と私の恩師との間で
話がついたので,その学科の教授として採用されるための
所定の書類を私は嬉々として作成して送り,先方の教授か
ら「これでOKです」との返事をいただき,恩師ともども喜
んでいました。ころが,最終的には先方の判定会議にて不
採用となり,先方の教授は私の恩師に「大変に申し訳ない」
と恐縮していたそうです。不採用の理由は,やはり,私と
年齢の近い助教授たちの昇任を後回しにすることはできな
かった,とのことでした。大学では教授の定員枠が決まっ
ているので,人の採用においては,それほどに年齢構成が
重要な因子なのだな,と思い知らされた次第です。当時の
私に,先方の助教授を圧倒的に上回るほどの研究業績があ
れば,採用となったかもしれませんが,それほどの業績は
ありませんでした。また,ある大学の教授に応募したとき
は,最終候補者の一人として残り,面接を受けました。そ
の時には,先方の教授が数名出てこられ,その大学の学部
便覧を開いて,担当できる科目や必要な実験室の広さ,そ
の大学の学生のレベル状況などの相談がありました。 し
かし,最終的には不採用でした。人事担当の教授の話では,
やはり,私と年齢の近い助教授たちの昇任を後回しにする
ことはできなかった,とのことでした(体の良いお世辞だっ
たかもしれませんが)。 この時も,当時の私に,先方の
助教授を圧倒的に上回るほどの研究業績があれば,採用と
なったかもしれませんが,それほどの業績はありませんで
した。た,ある地方に県立大学が開設されることになり,
学会誌の求人欄にて,その教授や助教授の募集の公示が出
ておりました。それには,ちょうど私の専門分野に関係す
る部門のポストがありました。 当時の私は,一応の論文
数もあったので,教授職に応募するべく自信を持って書類
を作成し,大学開設準備室へ送付しました。 しかし,締
め切り後,面接の通知もなく,一ヶ月ほどして紙切れ一枚
の不採用の通知。なぜ不採用なのか自分でも疑問に思えて
なりませんでした。ころが,翌年に開設されたその大学の
教員リストを見ると,なんと,全部,地元の旧帝大のOBで
あることを知り,唖然とし,腹立たしさも覚えました。 
しかも,私が応募した部門の採用者の業績はそれほど多く
はありませんでした。 結局,その採用者以外の応募者は
はじめから「当て馬」であり,利用されただけでした。募
には,「候補者が決まっているが,公募で採用を決めたと
いう形式にする」ためのものと,文字通り「広く門戸を開
いた完全に平等な人材募集」の2種類があることを,そして,
いずれの場合でも,複数の著名な方々からの推薦書が絶大
な効果をもたらすことを,私は学びました。
(引用終わり)
 『大学の人事は胡散臭い』『大槻の言うのは間違い』と
のお説で、ご自分の経験を事細かに述べておられます。私
が『大学の人事の実態』をまったく知らずにこのブログを
書いたと思っておられるようです。
 あなたの言われている大学人事の実態など、あなたに言
われなくても百も承知です。私自身がさまざまな形で経験
してことですよ。
 私は東大大学院博士終了後、不本意にも東大工学部物理
工学科に助手として採用されましたが、そこの人事はたっ
た3人の教授だけで牛耳っていました。教授になりたい助
教授はなけなしのお金をかけて教授につけ届をしていまし
た(私は実際に目撃しました)。
 こんな東大工学部に嫌気がさして早稲田大学理工学部に
移りました。しかしここでも早稲田出身者優先人事がおお
ぴらに行われていました。理工学部の中で物理学科だけは
そのようなことのないように努力が続けられていましたが、
『やむを得ず』情実人事、学閥人事になることは避けられ
ませんでした。
 逆に私自身が育てた大学院博士課程の人材を無理やり頼
み込んで某国立大学などに次々と送り込みました。これも
ある意味で情実人事でした。
 しかしいまや、このような悪弊は一掃されようとしてい
ます。古巣の東大工学部物理工学科の人事を見てください。
いまや『早稲田大学に追いやる』どころか早稲田大学から、
私が頼みもしないのに優秀なI君(私が早稲田で 指導した学
生)を教授として採用しました。
 その他にも物理工学科は今やノーベル賞候補に匹敵する
優秀な人材の集積場所の一つになっています。匿名さん、
この事実は大学便覧などで確認できるはずですよ。また肝
心の早稲田大学理工学部物理学科の最近の人事をごらんく
ださい。学閥などまったく存在せず、全国から、これもノ
ーベル賞候補クラスの人材を集めています。
 匿名さん、あなたの言われる大学人事の悪弊はいまや例
外的なもので、ほとんどの大学、とくに理系の学科の人事
はいかに優れた人材を登用するかの、いい意味での競争に
なっています。
 それにあなたは大きな誤解、曲解をしています。私の1
2日のブログは将来を思い悩む博士課程の院生個人に宛て
たものです。先輩の教育者として、相談者に悲観的なアド
バイスなどするはずがありません。日本の科学の将来、ま
た相談者の将来を考えて、『今はただただ努力あるのみ』
と励ます楽観論を言うことは当然です。教育者が若者から
相談を受けて、『将来は望みがないよ、止めとけ』と指導す
ることなど論外です。
 そのことも分からないあなたはすでに大学教員として不
適格です。どんなに研究業績があっても、面接であなたの
人柄が分かれば私はあなたの採用をためらうでしょう。
    (つづく)

大学院博士課程のあなたへ、たやすく研究者の道、諦めないで!

 マイナビニュースというところに次のような投稿が載っ
てるそうです。まずは引用しましょう。
   (以下引用)
 [生活] 大学院の博士課程の1年目のものです。研究室の
先輩たちがほぼ全員音信不通・行方不明です…学院の博士
課程の1年目のものです。研究室の先輩たちがほぼ全員音信
不通・行方不明です…。毎日毎日、教授の仕事の肩代わり、
雑用ばかりやらされて指導は一切されません。論文を読ん
でくれたことは一度もない状態で…。ーバードクターやポ
ストドクターの先輩たちは、奨学金が打ち切られてもう生
活することすらままなりません。派遣の仕事に登録しよう
としても女性が優先される世界のようで、男性が多いうち
の研究室の人間は採用されるはずもなく…。博士課程まで
に借りた奨学金は1,000万を超える人もザラです。奨学金
とは名ばかりの借金ですから…。分に研究の才能がないと
気づいたときにはもうすでに遅し。30歳なのに職歴なしで
学歴ばかりが馬鹿みたいに高いだけのオッサンを雇ってく
れる企業なんてどこにもありません。周りの友人たちはい
い企業に勤めてしっかり稼いでお嫁さんをもらって家を建
て、子供が生まれ、幸せそうに暮らしています。かたや僕
らは一年間の収入が120万程度しかありません。結婚するど
ころか自分が生きていけるかも怪しいのです。借金だって
返すことがままならないです…。ういう状況は、なぜ生ま
れてしまったのでしょうか?大学院で研究をしたいという夢
そのものが僕らの人生を破壊しています。今からでも政治
家になって、この状況を変えたいと思っているんですが、
自分が今どういう勉強をすればいいのかわかっていません。
社会に出たことがないのでまだ頭が学生のままなのです。
れと、大学4年生の子たちが「大学院に進学したい」と聞く
と止めるべきかどうかすごく悩みます。一生を棒にふるこ
とになる危険性がそこにあるからです。しかし、その一方
で僕なんかとは比べ物にならないくらいすばらしい研究者
になる可能性もあり、学問の発展のために応援すべきなの
か、その子の人生のために惨敗した人間としてとめるべき
なのか、とても迷っています。アドバイスをお願いいたし
ます。
      (引用終わり)
 これは典型的な『大学院博士課程に関する誤解』です。
博士課程はもともと『教育制度』ではありません。ここ
にはいれば指導教授にしかるべき教育を受け、『卒論と
して博士論文を書き、これがパスして博士の学位をもら
える』という『教育の仕上げ』ではもはやありません。
 ここでは基本的に自分で研究して(当たり前!)、独創
性豊かな研究成果を上げるのです。それが学会で注目され、
評価され、その結果、助教、や准教授のポストが与えられ
るわけです。
 当然のことながら、ほとんどの上位にある国、公、私大
の准教授、教授はこのようにして学会で高く評価された人
々です。そのかげには、努力しても成果が出なかった、あ
るいは成果が評価されなかったたくさんの人材が落ちこぼ
れて行きます。准教授や教授に就任出来た人たちはこのよ
うな落ちこぼれた人たちの犠牲の上にのし上がったのです。
 このような落ちこぼれを是認しなければ研究者や学者は
育ちません。独創性は理数系だけで必要なものではないに
のです。優れた絵画を世に出すのもそうです。若くしてい
くら努力してもメの出ない画家、おなじような音楽家、同
じような小説家など山のようにいますね。彼らは人生の勝
負に挑んでいるのです。
 博士過程、オーバードクターの研究者も同じ。メが出な
いのは才能がないか、努力が足りないか、運がなかったの
かでしょう。しかし、それは人のせいでも、政治のせいで
も、指導教授のせいでもありません。絵が売れない画家は
教えてくれた先生のせいではなく自分のせいです。人生は
挑戦あるのみ!
 たった数年の運のなさなど、長い人生の一コマです。決
して諦めない。

ピップエレキバンのインチキ、磁気で血流が良くなるだって?!

Hさんから、以下のようなコメント投稿がありました。
    (以下引用)
 ピップエレキバンは, オカルト品でしょうか? 電磁気
学的に, どうでしょうか? ご教示お願い申し上げます.
--    (引用おわり)
 ピップエレキバンのHPを見ると、これを肌に貼れば
『磁気の作用で血流がよくなり、肩こりなどが無くなる』
とか、その『優れた効能』が書いてあります。しかし、何
故血流が良くなるのかはまったく書かれていません。
 『磁気の作用』を受けるのは『磁性体』だけです。一体
血液の中の磁性体(強磁性体)は何でしょうか?つまり血
液は『磁性流体』とでも言うのでしょうか? 
 血液が磁性流体であることなど聞いたこともありません。
もし本当に血液が磁性流体であればたとえばMRIの検査
で当てられる超強力な磁気(場合によっては超伝導磁気)
の作用によって血管は破れるでしょう。
 MRI検査前に病院の放射線技師から『強い磁気が当て
られるが人体には何も影響はありません』と告げられるの
が普通ですよ。本当にピップエレキバンの磁気が体に良い
作用を与えるというのであればこんな微弱磁気を貼らない
で強力なネオジウム磁石でも貼ったらどうでしょうか(笑

 それでもピップエレキバンを貼ればコリや痛みが改善す
るというのなら、それは『気分の問題』『気休め』『暗示
効果』の類でしょう。ピップエレキバンが長く『薬事法違
反』に問われないのが不思議です。弁護士の方、一度告発
してみてください。

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。