スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊文春、皇室をスパイ?!

『報道の自由』とはいえこんなことが許されるのか
?まず、この件を報じた朝日新聞を引用しよう。
   (以下引用)
 宮内庁の小町恭士東宮大夫は15日の定例会見で、
「週刊文春」1月21日号に掲載された「美智子さまが雅
子さまを叱った!」と題した記事について「全くの事実無
根」として、編集部に厳重抗議し、即時撤回を求めたと明
らかにした。記事は、昨年12月23日の天皇誕生日の夜、
皇居・御所で天皇ご一家で歓談中、皇后さまと雅子さまが
別室に移って2人だけで話したという内容。宮内庁は「お
二人だけで別室に移られたという事実はなく、記事にある
ようなやりとりも存在しない」と説明している。週刊文春
編集部は取材に対し、「記事には十分自信を持っています」
と文書で回答した。
    (引用終わり)
 皇后と皇太子妃の二人だけの別室会合、何故週刊文春は
そのお二人の話の内容を知りえたのか。『記事には自信を
持っています』と文春側。それなら一体文春はどのような
手段で密室の会話を知りえたのか。ありうるのは以下のや
りかたである。
 (1)皇后が何かの意図で文春側に会話の秘密をもらし
た。
 (2)文春は皇居のあらゆる部屋に盗聴器をしかけてあ
る。
 (3)宮内庁の職員のうちに皇室の会話などをメモして
スパイをする者がいる。
 (4)文春側のでっち上げ。
 (1)に関して皇后がメディアの特別な皇室情報を流す
動機がないだろう。長く皇后の座にある人が皇室情報を安
易に流すはずはない。それなら皇太子妃が流したのか。こ
れはありえない。自分の不名誉になる情報を流すはずがな
い。
 (2)皇居の各部屋も政府機関に属するものであるから
盗聴器の探査は常に行われている。大学の研究室すらも、
先端技術のスパイを防ぐために盗聴器の探査が行われるこ
とがある。まして宮内庁、皇居に文春が盗聴器を仕掛ける
ことは不可能であろう。
 このようにして怪しいのは(3)と(4)である。(3)
の場合、宮内庁職員でもドアの閉じられた部屋の会話を盗
聴することは難しい。女性二人のひそひそ話だからなおさ
らである。
 そこで結局可能性は(4)というわけだ。文春側がでっ
ち上げたのか、それとも『通報者』がでっちあげたのか。
いずれにしても文春側が『不法に』皇室情報を取得したこ
とに間違いはない。文春側が『情報に自信がある』という
ならその取得手段を公にすべきである。

大企業は空前の儲け、しかし庶民の大部分は貧しいまま、それなら。。。

専門家からさんざんこきおろされたアベノミクス、もう
だれの目にも失敗だったことは明白である。もちろん私は
経済の専門家でも何でもないが、アベノミクスの当初から
懐疑的だったし、そのことはたびたびこのブログにも書い
てきた。
 たとえばアベノミクスで円安が進行、賃金上昇と安部閣
下はうそぶいたがそうではないことを本ブログで論じてき
た。アベノミクスは運がいいことにその直前にアメリカの
10年もの長期金利が急上昇した。当然ドル買いが進行し
てドル高に転じた。決してアベノミクスが直接の引き金で
はなかった。そのことは例えばこの時期(からそれ以降も)
たとえばカナダドルは対円でそれほど増加しなかったこと
を見よ。
 賃金もさっぱり上昇しなかった。むしろ下降気味である。
世界の一人当たりGDPは下がっているではないか。世界
20位と言われている。ちなみに韓国23位。安部閣下は
もはやアベノミクスで日本が豊かになったとはもうお世辞
にも言えないだろう。
 豊かになったのは大企業、輸出型大企業だけである。そ
れがとんでもないことにこれら大企業の法人税を減税した。
つまり大企業は大儲けして税金をまけてもらい、そのお金
で海外に投資している(M&Aなどによる企業買収など)。
 いまや日本の大企業は日本の国民のものではない。これ
らの企業がいくら儲かっても、もはや国民のため少しも役
に立たない。海外に活路を見出した大企業は海外で雇用を
拡大し、海外で賃上げをし、海外で税金を払う。この傾向
はますます増進する。とくにTPPがスタートすればそれ
が急加速する。
 大企業は安部閣下のおかげでパート雇用を拡大すること
ができた。これをいいことに、この制度を拡大して、より
一層の賃金抑制をはかる。安部閣下のメンツまるつぶれで
はないか。安部閣下はここにいたって大企業に賃上げを要
請している(『分配』というおかしなオコトバを使って)。
しかし相変わらず大企業の反応は冷たい。
 もはや日本では大企業は無くなったと考えたほうが良い。
大企業は『グローバル化』という悪政によって日本から出
て行ってしまった。国民は、貧困に喘いで、それでもかす
かな望みを持って大企業にすり寄る。こんなことはもう止
めよう。日本にはまだまだ実に多くの中小企業があるでは
ないか。
 日本の優秀な人材の皆様。もはや日本の大企業は日本人
のものではありません。あきらめましょう。優秀な人材の
若い方々よ、日本にはまだ中小企業があります。ここに活
路を見つけましょう。ここなら成果を上げた分は自分たち
の取り分になるのですから。
--

韓国の『親孝行契約書』には笑いが止まらない

韓国の有力紙、CHOSUN ONLINEに以下のよ
うな面白い記事がのっていた。
    (以下引用)
親孝行契約書とは、両親が子どもに家を買い与え
たり、財産を譲ったりする代わりに、子どもは親の扶養の
義務を果たすという約束を盛り込んだ覚書のことだ。。。。
 資産管理に関する相談を担当する都市銀行の支店に、親
孝行契約書の作成方法を問い合わせる人も大幅に増えてい
るという。中間層の人たちが多く訪れる支店で、弁護士や
資産管理の専門家などが親孝行契約書の作成について相談
に乗る銀行もある。KEBハナ銀行専属のパン・ヒョソク弁護
士は「昨年の初めごろまでは、親孝行契約書を書くよう勧
めても『親子の間でどういう契約書を書けというのか』と
言って、意に介さないお客さんが多かったが、最近は1カ月
に3-4人が親孝行契約書の原案の作成を手伝ってほしいと
依頼される」と語った。
   (引用終わり)
 笑い話ではない。日本でもこのような奇妙なブームが起
こるかもしれない。
 親子が『親孝行契約書』を書くのに話合って、その後気ま
ずくならないのか。ましてその契約書のとうり子供、孫夫
婦が親孝行しなかったとして親が怒りだしたらぞっとする
ではないか。
 あげく契約違反として弁護士が入り、さらに裁判になっ
たらどうしようもない。親子関係は親孝行どころか、互い
の憎しみ合い。こんなことはまっぴらごめんだ。こんな憎
しみ合いで人生を終わるなら、親孝行など求めないことの
方がはるかに良い。
 もともと生命の宿命から、親が子や孫を愛するのと子や
孫が親や祖父母を愛するのは非対称である。生物の多くは、
親は子を可愛がり、保護し、いつくしむ。命をかけて子を
守る。しかしこれとは逆に、成長した子が親を守る生物な
どない。まして子が親のために命をかける生物などない。
 人間でも同じ。人間には感性、感情があるから、子供の
ころを思い出し、『懐かしさ』で子や孫は父母や祖父母の
ところに出入りするが、それは親孝行とは別次元の話だ。
韓国でブームの『親孝行契約書』などナンセンスもいいと
ころ。
 韓国は面白い話が多い国だが最近の『親孝行契約書』も
なかなかの面白さだ。
--

考えて、考えて、考え抜いて

DIAMOND ONLINEに能町光香という人が経
営者のようなビジネスマンが(お金儲けの)良いアイディ
アを思いつくにとっておきの方法を紹介している。それは
四六時中そのことばかりを考えつづけよ、というものだ。
 そのためには休暇もためらわずにとること、出張はなる
べく遠くに行くこと、旅行は新幹線や電車ではなく、なる
べく孤独になりがちな飛行機が良い。休暇や出張で孤独に
なった方が『四六時中考え続ける』ことができるからだそ
うだ。
 私は当然のことながら、科学研究の作業はお金儲けの仕
事よりはるかに高級だと思っていたし、今でもそれは変わ
らない。しかし、その『低級な仕事』としてのお金儲けで
もやはり『四六時中考える』ことが重要だとは知らなかっ
た。
 科学者は研究の独創性が何より重要である。その独創性
はある日、偶然に湧いてくるものではない。『四六時中、
考えに考えて』『脳から出血しそうなくらい』考えてやっ
と思ひつくものだ。だから科学者や数学者は40年も50
年も研究をやっていながら、後に名を残すような研究はたっ
た一つ、あればいい方なのだ。
 かく言う私も無い知恵をしぼりにしぼって、やっと二つ、
多少名前が残った業績が出た。一つは『放射線のディチャ
ネリング理論』ともう一つは『放射線の水切り運動の発見』
である。(例えばウィキピディア Skipping motion of
the Ions at the Surface の項目参照)
 この水切り運動のアイディアはある秋の夕暮どき、家の
庭の柿の木に登って柿の実をとっている時に思いついた。
もちろん柿と水切りは何の関係もない。しかし、柿の木に
登ってまで、血のにじむような思考をしていたのだ。ハタ
と考えが浮かんだとき、柿の実ではなく、自分が落ちそう
だった。
 しかし研究室でこのアイディアはだれも信じなかったし、
一緒に研究したいとも言わなかった。論文としてアメリカ
物理学会の最難関の論文誌『フィジカル レターズ』に投
稿しても否定され論文掲載は拒否された。
 そこで教訓。『だれも信じないほど突拍子な考えを持て』
そしてお金儲けでも『だれも気がつかないところにお金あ
落ちているゾ!!』このためには『四六時中考えること』
『考えるくせと考え続ける努力』をおすすめする。
--

『電子レンジは安全か』という質問へのお答え

Hさんから以下のような質問をいあただきました。

 大槻先生、物理の質問がございます。「電子レンジ」は食品にマイクロ波を当てますが、スイッチを入れてから周囲への電磁波の漏洩は大丈夫だと思われますか?加熱中はレンジからできるだけ離れるようにしていますが、レンジの周りに何か板のようなものを置きたいのです。木の板がいいか、プラスチックがいいか、金属がいいか、発泡スチロールがいいか、マイクロ波を一番防ぐ素材をお教え願えますと幸いです。レンジから何メートルほど離れればいいでしょうか?安易な質問をして申し訳ありません。ブログ執筆頑張ってください。応援しています。

 お答えします。市販の『電子レンジ(マイクロウェーブ レンジ)は
出荷の際に2重、3重のチェックを受けておりますので、その限り
で安全なものです。電磁波が外部に漏れる心配はありません。
 それでも何事も100%安全というわけではありません。これを
遮蔽するためには金属板、あるいはメの細かい金網で行います。
 『何メートル離れたら安全か』にはお答えできません。そのとき
漏れ出た電磁波の強度が分からないからです。

韓国『北朝鮮の核実験は水爆ではない』の非科学性

 真っ先に『北朝鮮の水爆実験はウソ』と報道したのが、
いつものように韓国であった。その後、アメリカ、日本も
『水爆は疑わしい』とコメントした。その根拠はただ一つ、
『水爆実験にしては規模が小さい』というものだから笑う
他ない。
 もちろん通常の水爆兵器は50キロトンTNT換算値か
それ以上である。ところが今回の北朝鮮の水爆はたった6
キロトンTNT換算値であったから、というのだ。これは
極めて非科学的である。
 50キロトン換算値、あるいはそれ以上の水爆では実験
それ自体が危険であり、経費(トンネル工事)も莫大とな
る。アメリカの過去の水爆実験は余りの爆発力のため多く
の被害が出た。未だにアメリカの被災者住民の保障問題が
くすぶっているではないか。
 このため北朝鮮は水爆の燃料である重水素、あるいは3
重水素の量を少なくした実験をやったのだろう。このよう
に小型化した核融合実験は独特のむずかしさがあるが、原
爆実験の当初からこのような小型化を実験しておれば実現
に成功してもちっともおかしくない。
 核融合反応は温度1億度以上,高圧力、つまりローソン
条件を満たすことで実現する。この条件は起爆剤の原爆の
威力を高めれば容易に実現されるのだから水素の量が少な
くとも核融合反応は起こせるのだ。
 したがって韓国政府の『実験の威力が小さかったから水
爆実験ではない』というのはきわめて非科学的である。北
朝鮮が原爆実験を始めた2006年当時から韓国は原爆実験を
否定、『TNT火薬爆発』と断定していた。それが200
9年、2013年、2016年と続き、これによる地震波
の分析などが進むにつれて韓国政府発表のデタラメさが明
らかになった。
 今回も、数年経てば、同じような誤報は明らかになるで
あろう。
 (注)筆者はもちろん一切の核兵器廃絶を主張します。

--
Yoshi-Hiko OHTSUKI ,PROF.DR,
Department of Physics, Waseda University
VIA(Virtual International Academy)
03-3207-8632 FAX 03-3207-8638

NPO法人『東日本太陽光発電協会』設立総会、会員募集

 昨年夏からこの欄でお知らせいたしました、われわれ
の企画している新NPO法人『東日本太陽光発電協会』
はいよいいよ来る2月28日(日曜日)午後1時から
設立総会(設立準備会)を開催いたします。東日本に限ら
ず、全国の方々で再生可能エネルギー、わけても太陽光発
電に関心のある方がたに、会員になっていただくよう改め
てお願いもうしあげます。当NPO法人の会費は以下に述
べる設立総会で決まりますが月額450円以下となる見込
みです。
 このNPO法人の設立趣意書、活動内容は以下のとうり
です。また設立総会の日時、場所も以下にお知らせいたし
ます。
 
 <NPO法人『東日本太陽光発電協会』設立趣意書>
 これからの人類にとって、できるだけ再生可能エネルギー
を普及させてゆくことが重要であることは論をまたない。
その中でも太陽光発電はせまい国土と山岳地帯が多く太陽
光発電所の設置は不利であるという意見も散見されるが、
ドイツやノルウェーなどの例を見るまでもなく、太陽光発
電パネルの飛躍的進歩によってこれらの消極的姿勢も有意
なものではない。
 東日本ではとりわけ遊休山林、原野、転用可能農地が離
農や少子化の進行で増加している上に福島、宮城、栃木、
茨城各県は福島原発事故による放射能汚染によって、遊休
土地、放置土地が増加している。これらの土地の有効活用
として太陽光発電所を設置してゆくことは日本の将来、東
日本の未来にとって好ましく、また重要なことである。
 ところが多くの場合、これらの遊休土地、放置土地は主
に個人所有が大多数であることから、これらの土地活用は
個人の決断、個人の設計、個人の資金によって行われるの
で、資金の手当て、設計の知識不足、設備導入と運転に関
する知識と経験不足によって十分には進展していない。
 そこで本NPO法人『東日本太陽光協会』は東日本、と
くに北関東から東北南部にわたって、太陽光発電の知識の
普及、太陽光発電の実施のサポート、太陽光発電者の運用、
運転のサポート、太陽光パネルの研究開発援助に取り組む。
--
 <NPO法人『東日本太陽光発電協会』活動内容>
 NPO法人『太陽光発電協会』は次に掲げる事業を行う。
(1)太陽光発電協会の目的に沿った広報活動のために毎
月、または隔月にリーフレットを発行する。また年数回の
講演会を開催する。本NPO法人は会員や理事の中に早稲
田大学名誉教授(理工学部)、上智大学教授(理学博士)、
名古屋商科大学教授などが参加しているのでこれら学者の
協力でこれらの事業を行う。

(2)太陽光発電の事業を開始しようとする個人の相談、
援助を行う。これらの援助、および次項の援助は必要とあ
れば会員の中の電気工事専門家の会員があたる。

(3)太陽光発電設備設置、その後の運営、運転の相談援
助を行う。また太陽光発電者が安心して発電事業が行える
よう環境整備の活動を行う。

(4)太陽光発電にまつわる技術革新、とくに太陽光パネ
ルの研究開発をうながすため現場の科学技術者の研究費の
援助を行う。 

 <設立総会、日時、場所>
日時 2016年2月28日日曜日、午後1時から2時
場所 東京都新宿区高田の馬場1-31-8ダイカンプラ
   ザ 527号室
   (JR高田の馬場駅東口駅下車4分から6分、線路
沿いに南へ。連絡電話番号090-3577-7028)
--
 <質問の問い合わせメールアドレス >
y.h.ootsuki2998@outlook.jp
 

--

北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応

 本ブログで昨年12月16日の欄で北朝鮮の水爆開発は
真実であろう、と書いた。本日の北朝鮮の水爆実験のニュー
スはこの推測が正しかったことを証明したではないか。
   (朝日 1月6日から引用)
 北朝鮮は6日午後、「6日午前10時(日本時間10時
30分)、朝鮮で初の水素爆弾実験を成功させた」と発表
した。朝鮮中央通信が伝えた。
   (引用終わり)
 12月初旬、北朝鮮がすでに水爆を開発したという発表
に対して韓国はじめ日米の政府筋はこれを真っ向から否定
して、『北朝鮮がそのような高度な技術開発に成功したと
いうのはウソだ』と述べていた。
 これに対して本ブログでは、『原爆の技術があれば水爆
製造にいたるプロセスは容易で、はやければ2,3年で成
し遂げることができるはず』と書いた。その時には触れな
かったが近い内に水爆実験をやるだろうと思っていた。そ
れが図星、今日のニュースだった。
 韓国の北朝鮮報道はいつもいつもこのようにいい加減で
ある。北朝鮮が最初の原爆実験をやった時にも韓国は『そ
れはウソで強力なTNT火薬爆発だ』と伝えた。これがウソ
だったことはその後の度重なる原爆実験によっても証明さ
れた。
 そして今度も水爆実験成功を否定して『これまでの水爆
実験より威力(マグニチュード)が小さい』とコメントし
ている。一体、こんなことが水爆実験の否定の根拠になる
と本気で思っているのだろうか。
 アメリカや日本の科学的核実験探査能力は想像以上であ
る。核実験の正確な場所、その爆発力の強さ(TNT火薬
換算)、核爆発の種類(使用された核物質の種類、その核
反応の詳細)と量など同定できるのだ。
 もちろん水爆実験でも同じである。使用された核融合の
プロセスも正確に分かる。今回もおよそ1か月以内に、日
本、アメリカ、ヨーロッパの核実験監視網の測定で正確な
水爆の規模と核反応の種類、原爆起爆剤の種類などが分か
るはずだ。
 何もわからず、相変わらず『TNT火薬』と言い張る韓
国が痛ましい。しかし韓国の科学レベルは相当に高い。こ
の程度の核爆発を正確にとらえることが出来ないとは思え
ない。かりにそれほどレベルが低くともアメリカ、日本か
ら正確な測定結果を教えてもらえるはずだ。
 そのとき韓国は北の水爆実験の真実に愕然とするはずだ。
しかしそのときになっても韓国は『THT火薬爆発』とう
そぶくのか。
注)もちろん筆者はあらゆる核兵器の廃絶を主張、原水爆
開発反対です。
--

本当に消えたか『神王リョウ』のデタラメな投資教室

 12月24日の本ブログで、『13年間、年2億儲け続
ける方法教えます』という神王リョウなる人物の広告がネッ
トに氾濫している事実を指摘した。合わせてこの広告があ
まりにデタラメで嘘八百であることも暴露した。そして、
このような広告をネットで垂れ流すネットメディアの欠陥
も指摘したのだった。
 この記事を書いた直後からこの神王リョウとやらは姿を
消した。本当に消したのかどうかは完全には分からないが
私が毎日見ている、朝日、読売、ダイアモンド、東洋経済、
気象庁東京地区天気、栃木県地区天気、アサツーDK,武
田薬品、ツウィッター、バンクーバー天気、サイパン天気
WTI原油、タイナビ、などからは完全に見なくなった。
 私のブログの批判で、このようないかがわしい投資相談
ビジネスが摘発されたのか、自ら反省して中止したのか、
関連していたネットが掲載をやめたのか、そんなことは分
からない。また分かろうとする必要もない。
 ただここで注意したいのは、新聞、雑誌、テレビ、ラジ
オなどでは広告基準というものがあり、その基準に反する
広告は出せない。私が編集長をやっている物理科学雑誌
『パリティ』(丸善出版)のような科学専門誌ですら、広
告の基準がある。たとえばアマチュア科学マニアがみずか
らの『自費出版』書を広告したいと言って申込みをしてき
てもおいそれとは受けない。
 ところがネットはこの点がすこぶるあいまいである。と
くに名もないWEBサイト、ブログがそうだ。中には自分
の売り物を広告するためのサイトすら自由に作れる。しか
もこれを読む方は朝日のWEBサイトも詐欺モドキのサイ
トも同じようにPCやスマホの画面に登場する。
 ネットで騙されないためにはどうすればいいのだろうか。
--

紅白、紅組勝ったというニュース、朝日まで大きく報道のバカ

 明けましておめでとうございます!

日本中のおめでたい『年中行事』に、ひねくれた年寄りが
余計なチャチャを入れたりして新年早々恐縮です。それは
例えばNHKの『紅白歌合戦』のことです。
 自慢じゃないがこの有名なNHKの『国家的大番組』、
私は生涯にただの一度も見たことはありません。だからこ
の番組のこと、批判もへったくれもありません。ただいや
だいやだと思って目をつぶって、耳をふせいでも、どこか
らともなく情報が入ってくるのですから困ったモノです。
 この元旦の朝日、読売のニュースを見ると大きな項目に
紅白で『紅組が勝った』『ナントかという男の歌手がお母
さんの歌を唄った』『ナントかという女の歌手は涙を流し
た』とありました。
 もちろん、自宅にはもう長いことテレビはありませんか
ら、紅白歌合戦が直接目に入る恐怖はないのですが、それ
でも朝日、読売がニュースとして流すのですから困ったも
のです。まして『紅組が勝った』など大きなニュースにな
ることなど信じられません。大勢の有名審査委員など、何
を基準の投票したのでしょうか?
 こんな審査基準などお笑いぐさですからだれも本気に結
果を知ろうとはしないでしょう。それならNHK会長がコ
インの裏表を振って決めればいいことです。
 この程度のことを日本の権威ある大新聞 朝日と読売が
大きく報道したのには驚くやらあきれるやら。たとえばニュー
ヨーク タイムズやCNNニュース、このようなバカ騒ぎ
の投票結果など決して報道しません。
-- (今回は新年の記事ということで『です、ます調』で書
きました、失礼!)

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。