スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバーサイエンスカフェ第3回は人工知能

第3回は『人工知能』です。『2045年の人工知能
は人知を超える』と言われています。それどころかこの瞬
間に人工知能は人類を超え、人工知能が人類の知能を超え
るので、人工知能はいらなくなった人類を滅亡させるよう
に攻撃する、と恐怖を煽るやからがいます。
 これは新たなオカルトです。ノストラダムス大予言とお
なじようなマヤカシです。だまされてはいけません。どん
な時代が来ても人類はコンピューターを制御します。その
論拠を明確にします。
 人類が人工知能を作ってもそれによって人類を滅亡させ
ないような選択(淘汰)をします。つまりこの場合になって
も人類の進化の選択は正しく行われます。
 そもそも人工知能が『人知を超える』というのは、一種
のプラグマチズムで、単に集積回路の集積度の増加(18年
で2倍になる)から推定した、『ムーアの法則』というもの
からきています。しかしこのムーアの法則の限界がもう見え
はじめているのです。
 仮にムーアの法則が2045年までつづいても、つまり
コンピューターの記憶容量、演算速度が人間を超えたとしても
それが『人知を超えた』とは言えません。最高の人知とは
例えば物理学の基本法則を発見することです。つまり、ニュートン
の法則、量子力学、相対性理論などがそれです。一体、人工知能
はこのような大発見を2045年を過ぎると即座にやってしまう
というのでしょうか?
 答えは否、否です。なぜならこれらの発見には単に物理学
の知識が高度にマスターされているだけではありません。そこには
独特な哲学が必要なのです。独自の哲学のない大発見などあり
ません。哲学は人間ひとりひとり違います。たんに知能だけの
話ではないのです。
 つまり人工知能が哲学を持つ時代がこればこのときはじめて
人工知能は人類に到達したことになります。
--

日本国では民主主義を止めよう!むしろ独裁制

先日の参院戦もそうだが、より顕著なのは都知事戦であ
る。選挙はとくに都市部では多くの支持が得られるのはタ
レント候補である。また地方の農村地帯ではその地区の有
力者ということになる。
 つまり議員や首長に選ばれるのは『地縁、血縁』を持つ
有力者か売れても売れていなくても、有名人ということに
なる。その意味では『AKB総選挙』と変わりはない。政治や
経済に精通した、高い識見を持つ候補など、タマにいても
見向きもされない。
 こんな市民レベルで民主主義など決して機能しないのだ。
機能しない民主主義など後生大事に守ることはない。シン
ガポールや、中国、ロシアのような『独裁的民主主義』が
もっともふさわしい。つまり一見民主主義の体裁を繕って
いるが実際には一党独裁。一党独裁どころか数人の独裁、
グループの独裁、家系の独裁。仮面をかぶった民主主義。
 日本の場合、その独裁政権をどう選ぶのかが問題である。
なんの『正当性』もないのでは独裁も成り立たない。もちろん
天皇中心の独裁もあるが正当性はともかく、政治的高い識見
が担保されるかは疑問である。それならどうする?
 日本には公務員試験というものがある。ここで合格するの
は結構難しい。理系では東大大学院試験の下ぐらいの難し
さと言われている。筆者の経験でもその程度だと思う。そ
こでこの試験合格者、つまりキャリアが一定の期間政府の
仕事(国家公務員)して経験を積んだ中から首相を選ぶルー
ルをきめる。つまり『キャリア独裁』ということになる。
欧米の政治指導者は結果としてこれに近い形で選出されて
いる。
 国家公務員試験に合格し20年経過した段階で首相選考
の資格を持つ。この資格者の合議制で次期首相を選ぶ。こ
れでやっと欧米並みの人材登用に至る。政権を選ぶのに
AKB総選挙では世界に通らない。こんな、世界に通らない
政権選びでも許されたのは、日本国は、実は独立国ではな
く、アメリカ属国だったからだ。属国、つまり『準州』だ
ったのだ。
 しかしいまやトランプ大統領候補の出現によって、あり
がたいことに、この単純バカののおかげで、やっとアメリ
カの準州を返上する時が来た。したがってその時、政権選
びもAKB総選挙は許されなくなっているのだ。(つづく)
 

--

バンクーバーの『サンエンスカフェ』始末記i

先週の土曜日、バンクーバーサエンスカフェ第2回
が開催されました。今回の主なテーマは「宇宙を語る」
でした。私からお話したのは、宇宙は最初火の玉から
大膨張起こしたこと、つまりインフレーション宇宙論
でした。この宇宙の始まりのモデルはいまやだれも否
定も反論も出来ない真理となっていることを強調しま
した。 この時の火の玉の光の名残が発見されているの
です。これが「宇宙背景放射」というものです。また
その後宇宙は大膨張を続けるのです。この膨張の証拠
もたくさん観測されています。
このような私の話しに関して、参加者の皆さまから
たくさんんの質問が出されました。
さてこの会が終わったつぎの日、参加者の皆さまは
ご不満だったのではないかと思い、言い訳のメールを
差し上げました。
    (私からの言い訳メール)
皆さま
サイエンスカフェにご参加いただきありがとうござい
ました。宇宙を語るといいながら、実際には、宇宙始
まってたった0・000001秒後までしかお話していない
のです。これから原子が作られ、宇宙は晴れ上がり、
やがて星が誕生します。その過程でブラックホール、
子星、パルサーなどが作られて行きます。つまり実
際には、私は、宇宙の長い140億年の歴史のほとん
どを、まだ何も語っていないのです。「宇宙を語
る」とは片腹痛いわけです。
時間がなかったこともありますが、矢野さんが「ま
すます難しくなる」と叫んだので、先の話を止めるこ
とにしたわけです。また、機会があれば来年の夏にお
はなし致します。繰り返しますが、私の話は、宇宙を語る」
と言いながら、宇宙140億年の歴史のうち、たった1秒のこ
とも語っていないのです。
お詫びがてら、お断りしておきます。

大槻義彦
このメールに対してKさんから以下のようなメールをいただ
きました。
     (以下引用)
先生の出席者に対するメール受け取りました。
私なりに先生のお話を要約すれば,19世紀までは宇宙は過去
から未来まで永遠不滅、定常且つ静的な物と考えられてい
たが、それが21世紀の今日では宇宙は動的なものである事
が物理理論と多くの観測結果から正しい宇宙に対する認識
である。具体的には宇宙が137億年前に小さな点として生
まれインフレーションと呼ばれる急激な膨張を経て、今日
も尚加速度的に膨張している。この先宇宙がどうなるかは
宇宙の大部分を占める暗黒エネルギーと暗黒物質の解明を
待たなければ判らない。

以下は私の感想です。1時間足らずで宇宙の全てを語るな
どおよそ不可能です。もし無理にやろうとすればそれこそ
聞かされた方は後で何も記憶に残らないのではないでしょ
うか。専門家以外の一般人が宇宙について最低限知ってお
くべき事は上記の動的宇宙である事に尽きるのではないで
しょう。星や銀河の誕生から終焉まで、ブラックホールの
実態、宇宙の境界や平坦問題等それこそ宇宙に関して興味
のある問題は山ほどありどれ一つ取り上げても短時間で話
をするのは大変です。話を宇宙の誕生と未来に絞られたこ
とで却って思考の分散が防げたと思います。確かに矢野さ
んのボヤキがあり、先生の当初意図していたものとは違っ
たかしれませんが結果オーライだったと思います。





国立科学博物館のくだらない『研究』?

実にくだらない『研究プロジェクト』がなされた。以下
朝日新聞7月17日から引用。
    (以下引用)
  国立科学博物館などのチームによる、約3万年前に人
類が沖縄に渡ってきた航海の再現実験で17日早朝、沖縄
県与那国島から草舟2隻が出航した。乗り込んだのは与那
国島と、到着地の西表島に住む人たちを中心にしたメンバー。
30時間以上かけて約75キロ先の西表島を目指す。
(引用終わり)
 実にばかげたプロジェクトではないか。科学博物館の予
算を使ったのならこれは税金の無駄使いで返還すべきだ。
縄文時代、またはそれ以前、たかが75キロの島々の間を
移住したことなど常識ではないか。
 サイパン島、グアム島、さらにハワイ島などに移住が繰
り返された。このことはアメリカの研究者による遺伝子解
析で明らかである。グアムとサイパンでは200キロも離
れているのだ。たかが75キロ離れた与那国島と西表島は
何らかの舟を使って移動したことなど明白だ。
 それともそれが『草舟』だったことの証明をしようとい
うのか。それが材木を使ったいかだではどうしていけない
のか。草舟であろうといかだであろうと、なんらかの舟の
類を使ったにちがいない。それが草舟であったことがどう
してそんなに重要なのか。
 国の予算を使った研究ならば上のような疑問に答えてほ
しい。もちろんこれが地元の人たちの趣味のお遊びなら何
も問題にすることもないし、むしろともに漕ぎ出したいく
らいだ。国立科学博物館という国の機関が関与しているの
で見逃せないわけだ。
--

論文投稿料の悪徳商法を利用している学者?

コメント投稿より。

10年位前ですが,あるヨーロッパの出版社からメールがきました。
「あなたは,優れた論文をたくさん出しておられる。ついては,今までの研究成果をまとめて本を出版することをおすすめしたい。私たちは,そのための充分な支援をしたい。」と始まり,色々な勧誘の記述がありました。
しかし,よく読むと,何の事はない,出版費用としてかなりの額を自己負担させるものでした。 よって,私は,直ちにそのメールを削除しました。

はるか昔(私の学生時代)は,日本でも,投稿論文について掲載料を求める学会論文誌が多くありましたが,現在はどうでしょうか。
私は,大学院生の時に,恩師から「論文は,英語で作成して国際誌に投稿するべきだ。日本語での論文は後で(業績評価の時に)損をする。」と度々言われて以来,今までに,日本語で論文を作成したことはありません。 そして,アメリカやイギリスで出版される学会誌に投稿した時に,掲載料を要求されたことはありません(論文の別刷りは,もちろん,自費で購入しました)。 

現在では,International Journal によっては,別刷りさえも,PDFファイルとして無料で著者に提供されます(ただし,そのPDFファイルの閲覧には,指定されたパスワードがあり,また,閲覧数に制限があります)。

ともかく,高額の掲載料を公費で支払い,安直な査読過程(それさえも,あるかどうか不明ですが)により ”論文” を出版してもらい,人事における業績査定の足しにしたい,などというのは,研究者として情けないですね。
 
それがまかり通る組織(大学など)では,結局,周囲の人達自身も,多少はその道を通ってきた(その手段を使ってきた)のではないでしょうか。 
組織(大学)における ”ムラ社会” は,そのようにして形成されてきたのでしょう。

『マトモデない研究』で出世しようとする東大人種

SRADというサイトの最近(2015年12月)の記

事によれば『まともでない論文誌』に投稿、発表された論

文の数が東大はじめ旧帝大系の大学所属の人たちによるも

のが『世界を圧倒している』という。ここで『まともでな

い論文誌』と は『predatory  出版』と呼ばれているもの

の総称である。

 このような『論文誌』は,たしかな査読者、閲読者制度

もない代わり、法外な『投稿料』を払わせる。つまり投稿

者を『食い物にする(predatory) 』出版というわけだ。

predatoryと言っても、それを承知で著者たちは投稿した

のだ。つまりこれは食い物にされることを百も承知でやっ

たことではないか。

 それにしてもこのpredatory論文誌の執筆者の所属が東大

はじめ旧帝大系が世界で群を抜いて多いというのは唖然と

する。問題となるのは大きく分けて二つある。一つは人事

考課などでこのpredatory論文が役立っている現実である。

学位審査、スタッフ採用、昇格人事でまともな研究論文と

みなされているのではないか。もしそうでないのなら、わ

ざわざ大金を払って投稿するはずがないからだ。

 もう一つの問題は法外な掲載料支払のことである。通常、

大学所属の研 究者は大学院院生も含めて、論文の掲載料は

研究室の予算、あるいは大学の研究補助費から支払われる。

まったく個人で、『身銭を切って』払うのは稀である。だ

から『食い物にされ』被害を受けるのはこれら研究費の支

出者である。つまり文科省、大学など。これは会計監査の

対象にすべき事案である。

 しかしそうは言っても引用文献の論文掲載誌のどれが

predatoryかを人事考課の教授会や役員会の大部分は知らな

いし、また会計監査の役人などはまったくの門外漢である

から知る由もないのだ。すると当然のことながらしっかり

と指導すべきは研究室の指導者である。その研究室の指導

者は一体正確にどの論文誌がpredatoryか を知っているのだ

ろうか。

 predatory論文誌を承知で論文を投稿し、法外な値段の掲

載料は公的研究費予算から支払うとなればこれは研究費の

不正支出ではないか。もっとはっきり言えばこれは研究不

正であり、研究費詐取ともなる。研究室の責任者の教授も

この支出を承認したのだからこれは研究費不正の加担者と

なりうる。
  (丸善出版物理科学月刊誌『パリティ』(大槻義彦
編集長)より部分転載)









何?! 『重力波天文学』だって?!

 アメリカと日本が重力波の観測で先陣を争ってきた。観
測成功はまずアメリカが発表したが、日本も今年末までに
はもっと精度の高い観測成功の発表をするであろう。アイ
ンシュタインの一般相対論の予言の最後のダメ押しがなさ
れた意義は大きい。
 しかしそれよりもっと大きな成果はこの日米の観測成功
によって『重力波天文学』が発展することである。これま
での天体観測は可視光線望遠鏡はもちろん、電波観測(電
波天文学)、X線、ガンマ線天文学、宇宙線天文学と発展し
てきた。
 これに加えて今回の重力波天文学がつけ加わる。これに
よって大規模な天体変動、たとえばブラックホールの衝突
などが観測できることになる。宇宙に充満しているとされ
るまったく未解明の暗黒物質にせまることもできるかも知
れない。
 これらの話もバンクーバーサイエンスカフェおよび那須
塩原市でのサイエンスカッフェで行います。ご期待くださ
い。

YAHOO メールがすごいよ

私はYAHOOメールもよく使うが、つくづく感心するのは
YAHOOメールの『迷惑メール振り分け』の凄さである。
 放っておけば一日100通ぐらいの迷惑メールが届く。
迷惑メールどころではない。詐欺メール、欺瞞メール、な
りすましメールである。『100億円あげる』から『35
00円あげる』というもの。そんなにお金を人にあげたい
というのはアタマがおかしいのか、うっかりクリックしたら
PCを乗っ取ろうというのか。
 物品を購入もしていないのに配送する、というのや物品
を預かっているというもの。ありもしない注文を偽る詐欺
の手口。
 これらは明らかに詐欺なので分かり易い。わかりにくい
巧妙なものは個人的付き合いをほのめかすものがある。
『同窓会の通知』『先日飲み会であったオレだよ』という
もの。皮肉なことに先日は同窓会が終わったその日に『同
窓会通知』が来た(笑)。『飲み会』だと?!私は酒は飲
まない!バカ!
 さて、私が感心するのはこれからだ。なんとYAHOOメール
はこれらの迷惑メール100%確実の迷惑メールホルダー
に振り分け削除してくれる。『100億円上げる』が詐欺
であることはだれにでも分かるからYAHOOの振り分けも当然
である。
 しかし『同窓会通知』『飲み会の思い出話』まで正確に
振り分けるとは恐れ入った。一体YAHOOの人工知能PCがどう
やって同窓会のインチキを見抜いているのか。なんとなく
文面がおかしい、いつもの常習犯のメールだ、と判断する
のか。
 こんなわけで、しばらくYAHOOのメールを使いつづける
ことにした。 


バンクーバーサイエンスカフェ第2回は『宇宙を語る』

バンクーバーサイエンスカフェ、第2回は7月16日土
曜日1時からです。話題は何でもいいのですが、主に『宇
宙を語る』としました。ふるってご参加ください。
 この世の中、『宇宙を語る人』は山ほどあります。宗教
の教祖さま、哲学者、文学者、SF作家、オカルト科学者な
どなど。しかしこれらの語りはすべてインチキです。
 物理学が語る宇宙だけ、そしてそれだけが真実であり、
真理です。なぜなら、これだけが唯一反論が出尽くして、
もはやいかなる物理学者も反論できなくなった真実だから
です。
 その意味で物理学者が語る宇宙論はあらゆる教祖、あら
ゆる哲学者、あらゆる文学者の語るいががわしい宇宙論の
上に君臨するものです。その意味で、物理学者は宇宙を語
るとき、『知的優越感』を感じます。
 一方、そのいかがわしい側は知的劣等感を感じるはずで
す。もし、宗教者がじぶんたちのかたる宇宙論に劣等感を
感じないならば、人として恥ずべきことです。このこと
に文句があるならサイエンスカフェにどうぞ。
 もっともすでに申し込みされた方々は定員オーバーとな
ってるそうですが。。。。
--

WINDOWS!10は欠陥商品、リコールせよ

うっかりWINDOWS10をインストールしてしまったばかり
にとんでもない苦労を強いられ、あれから1か月たった現
在でも不具合に悩まされている。いっそのこと手持ちのPC
を買い替えようかと思っている。
 これまでの時間の浪費、銀行取引の不具合による損失、
など実害も多々ある。これは明らかな欠陥商品による被害
であるから発売元はリコールと補償をすべきである。また
関係当局も単に『注意喚起』だけでなくメーカーに対して
リコールの勧告をすべきだ。
 実際には私のような『世捨て人』でもこのような被害に
たまりかねて怒っている。実際には恐ろしい警告がなされ
ている。
   (以下、WEBマガジン 『カレドスコープ』から
     の引用)
 
Windows8には、NSA(だけではないが)が、あなたのパソ
コンを覗き見するときに侵入できるバックドアという裏木
戸のようなものがあるのです。そこから、こそこそとあな
たの家(パソコン)に土足で上がり込んで、家の中を物色す
るのです。マイクロソフトは、今度のWindows10で、そ
れをはっきりと公言しています。
「あなたがWindows10をインストールすることに同意す
るということは、われわれマイクロソフトが、あなたのパ
ソコンの中身を覗くことに許可を与えたものと考えます」
と。ですから、Windows8のように裏口から人目につかない
ように入るのではなく、Windows10では、表玄関から堂々と
あなたのパソコンに入りますよ、と宣言しているのです。
  (引用終わり)
 実際のところ私はこのマガジン『カレドスコープ』がど
んな程度の雑誌なのかを詳しくは知らない。そのためこの
記事で取り上げている予想される被害の実態例については
引用しない。
 私個人について言えば、一般的には交友関係も交友内容
も他に知られて困ることなど皆無である。そのため、かり
にマイクロソフトが無断で私のPCを垣間見てもさしたる被
害はない。たんに不愉快なだけである。
 しかし私は丸善の物理科学月刊誌『パリティ』の編集長
をここ30年務めている。連日記事の閲読やら、編集委員
会の討論、提案内容などを吟味する。これが他から丸見え
になっては大きな被害が出る可能性がある。
 特許を出す前、論文を書く前の研究者の研究内容も議論
の対象になることもある。これが産業スパイを通じてマイ
クロソフトから海外に流出すれば無視できない被害だ。
 WINDOWS10について関係当局はもっときびしい態度
をとることを望む。


RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。