スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日のメルマガ、『日本の教育はここがオカシイ』、テスト、テストで明け暮れ

Vol.1,No.44 『日本の教育はここがオカシイ』 

==================================
 目次
 (1)小学生をテスト、テストで痛めつけて
 (2)夜空と動物『博士』、中学で脱落
 (3)大学は『ディズニーランド』か?
 (4)日本の教育はヨーロッパ型へ
 (5)Q&Aコーナー
==================================
 (1)小学生をテスト、テストで痛めつけて
==================================
 ひところ、若い母親の間に『お受験』という言葉が流行った。東京、大阪
などの有名小学校に入れるために親(母親)が狂奔するのだ。『お受験』の
実体を書いた『お受験本』が巷にあふれた。早稲田大学が高等学院(中学、
高校)に進学できる小学校を設立しようとしたとき、見知らぬ親から、さま
ざまなルートを通じて『裏口入学』の依頼を受けてびっくりしたことがる。

 このころ、私の知り合いの親ばか女親はたった5歳の子供を連れて、『英
才教育塾』に通わせていた(自分も通っていた)。東大、それも法学部か医
学部に進学させるための『早教育』だというのだ。『海の生物は全部言える
天才だ』と褒められている、とそのバカ母は自慢した。(その子は今年大学
受験である。東大法学部はおろか、東京では三流の私大にも不合格だったら
しい)
(ただいま投稿欄への投稿は受け付けておりません)

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

バカ親のおかげで苦学生は助かった。

私達の世代は,学生時代に生活費を稼ぐために家庭教師のアルバイトをしていた者が多かった。 大学の事務部の掲示板には塾講師や家庭教師の募集の掲示がたくさん出ていた。 その中から,指導科目,対象とする生徒の学年,往復の通勤時間,時給などを考慮して選び,事務の担当者に申し込むのである。 その掲示の中で,時々,驚くやら,呆れるやら,おかしいやら,の先方条件があった。 「対象:中学2年生,指導科目:英語,英文科の学生を望む。」,「対象:高校1年生,指導科目:数学,農学部以外の学生を望む」などである。 中学生に英語を教えるのに,なにも英文科の学生である必要は全くない。 高校1年生に数学を教えるのに,なにも農学部の学生の排除する必要は全くない。 私達学生は,こんな注文をつけてくるバカ親の存在を笑ったものである。 しかし,こうした馬鹿親がいるからこそ,私達には仕事が回ってきたことも事実であった。

No title

東大では理Ⅲ生(医学部)に限る、というのが結構ありました。
理Ⅲに入る学生は努力して勉強したというより、もともとの頭の作りの違う人が多いので、正直、「ほかの人がなぜわからないのか、わからない」ということになると思います。
 人にものを教えるのは苦手な人たちのはずです。
 ずば抜けて勉強ができる、ということと、人にものを教えられることとは別の能力であることを、世の親たちは気づかなかったんでしょうか。もちろん、それと、医学に適性があるかどうかも別の話で、単に勉強ができるから、というだけで、「血を見るのが怖い」というような人が医学部にいたりしたものです。

追伸

東大の事務部の掲示板には家庭教師募集の掲示がたくさん出ていた。 それらの掲示の中で,時々,驚くやら,呆れるやら,おかしいやら,の注文条件があった。「家庭教師を望む」として,「対象:中学2年生,指導科目:英語,英文科の学生を望む。」,「対象:高校1年生,指導科目:数学,農学部以外の学生を望む。」,「対象:医学部を目指す高校2年生,指導科目:数学と英語,医学部の学生に限る。」などである。
 中学生に英語を教えるのに,なにも英文科の学生である必要は全くない。高校1年生に数学を教えるのに,なにも農学部の学生を排除する必要は全くない。医学部を目指す高校生とはいえ,数学や英語を教えるのに,なにも医学部の学生である必要は全くない。私達学生は,こんな注文をつけてくる単純なバカ親の存在を笑い合ったものである。一方,こうした親たちがいるからこそ,私達は仕事にありつけたことも事実であった。
 しかし,当時から3,40年も過ぎた今日でも,東京や大阪などの大都会では,単純で無教養なバカ親が依然として生まれ,健在らしい。有名大学への合格率の高い私立の一貫校に子供を入れるために,さらに周囲の親たちからの風聞にも煽られて,若い母親の間では,かつての "お受験" にも似た風潮が今も健在らしい。子供を有名校に入れるために親が狂奔しているのだ。その親達は,おそらく大半が45歳以下であろう。つまり,私達の学生時代における当時の小学生以下である。彼等も "お受験" をさせられてきたのかもしれない。地方都市に住んでいると,大都会におけるそうした若い親達の焦りと風潮は伝わってこないが,その心情には同情する。
 だが,ここで冷静に考えてみよう。若い親たちを煽り焦らせる風潮の根源は,実はただ単に,少子化の日本の中で生き残りを図る塾や予備校そして私立学校の経営戦略にすぎないのである。 自分の子供の,さらに,人間の一生を長い目で見てみよう(自分がこう言える心境になれるのは自分が年を取ったせいかもしれないが)。 一個の人間としての逞しさと勇敢さ,一般常識の体得,不屈の生活力,友人との付き合いによる成長などは,20歳頃から本格的に陶冶されると思う。その時期には,かつて "お受験" に煽られ,振り回されていた自分や親達が滑稽に見え,思い出されるに違いない(あの頃,あんな時があったな,と)。

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。