スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古館伊知郎2枚舌、テレ朝への政権圧力に屈し、報道ステお終い

 このテレビ局の看板番組、一人で取り仕切る古館伊知郎
はついに『馬脚』を表した。この番組騒動を伝えた,
Business Journal 3月28日(土)18時1分配信をまず引用しよ
う。
    (以下引用)
Business Journal 3月28日(土)18時1分配信
古舘伊知郎に批判殺到「視聴者に嘘ついた」「政治権力にす
り寄り」「化けの皮はがれた」
 テレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)生放送
中に起こった、コメンテーターによる“降板の裏側暴露&
口論”騒動が波紋を呼んでいる。27日放送の同番組に生出
演した元経済産業省官僚の古賀茂明氏は、キャスターの古
舘伊知郎から中東情勢に関しコメントを求められると、
「ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会
長と、(古舘の所属事務所)古舘プロジェクトの佐藤(孝)
会長の意向で、今日が最後ということに」と発言。これを
受け古舘は、「ちょっと待ってください。今の話は承伏で
きません」と反論したが、古賀氏は「古舘さんもその時に
おっしゃりました。『この件に関してはお役に立てなかっ
た。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきまし
たので、そこまで言われるならすべて(音声を)出させて
いただきます」と語った。
    (引用終わり)
 もともと政権批判の強かった前任者 久米宏のクビを挿
げ替えたのもテレビ朝日の上層部が政権からの圧力に屈し
たため、と報じられた。後を継いだ古館伊知郎も引き続き
政権側からの圧力を受けていることが暴露されたのだ。
 それに古館は久米と違って、その圧力に屈して、保身に
成功して、その代わり担当のディレクター達をこの番組か
ら追い出した。それに政権にきびしいコメンテーターも巻
き添えにしてクビにした。
 古館伊知郎はこのような政権とテレ朝上層部に抵抗する
素振りを見せながら、醜い保身を計ったのだ。もともと古
館伊知郎とはこんな男だった。この番組が久米から古館に
変わった段階で、もう古館の態度、政治性は決定していた
のだ。
 それにも拘わらず古館は番組内で政権批判めいたことを
口走ってきた。しかしこれは本心ではなかったのだ。つい
に古館は馬脚を表した。政権や上層部にもいい顔し、クビ
になったコメンテーターやディレクターにもいい顔して、
とどのつまり視聴者を裏切り、政権側の言いなりになった。
 古館伊知郎はかつてNHKのクイズ番組『日本人の質問』
に出演していたとき以来知り合いである。その政治的な感
じは良く言えば『無色』、悪く言えば『無知』であった。
それがテレビ朝日のキャスターになったとき、『オヤオヤ、
彼に勤まるはずないのだが。。。』という感想を持った。
 しかし彼は持前の頭の良さから、何とかこれまで勤めあ
げてきた。コメントもしばしば政権批判に傾いた。しかし
これは番組を仕切ったディレクター達に忠実に従っていた
のだ。
 報道ステーションと古館伊知郎はもうおしまいだ。政権
びったりの報道ステーションなど消滅だ。視聴者は政権びっ
たりの報道を見るなら日本テレビやフジテレビを見ること
になるからだ。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

古舘が二枚舌なら古賀の舌は何枚?

自分は、大槻様と違った印象を持っているんですよね。何というのか、古舘と古賀って似たもの同士と言うのか五十歩百歩って印象しか受けなくて、あの降板をめぐる騒動だって言論プロレスってのか「やらせ」みたいな印象しか持てないんですよ。

というのか、濱口圭一郎氏 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-67d2.html や黒川滋氏 http://twitter.com/kurokawashigeru/status/581495417436708864 が指摘してるんですけど、そもそも古賀って最初の安倍政権で重用されて"改革派"とかいうイメージで持て囃されてはいるけど、やってることはネオリベそのものだったりするんですよね。今回の一件では古賀が政権批判で干されたとか言ってますけど、これとて字句通りに受け取れません。寧ろ「政権や上層部にもいい顔し、クビになったコメンテーターやディレクターにもいい顔して」更には政権に批判的な視聴者にも、財界などにもウヨな面子ともいい顔していて、ともすれば古舘以上の狡猾な何枚もの舌の持ち主だとも言えちゃいます。

早速、今回の騒動を受けて関西を根城として政権ともツーカーな辛坊某が自分の番組に「古賀さんとか出てくれたらおもしろいよね」とか言って http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01503290043.html いて、古賀だってまんざらでもない様な雰囲気だそうですし、そもそも(酷な言い方すれば)「報ステ」なんて最初から終わっていたんじゃないかとw

安倍首相が、一から十まで全てにおいて完璧な指導者ではないことなどを利用して、生計を立てているうちの一人なだけで、降板の理由をアシスタントの女性的な魅力より劣ると判断したからだと、番組の品格を落としめる言い分を主張できるだけの権限が、古舘氏にもないのでしょう。

No title

メディアが、政治の茶番劇を用意しなければならないのは常です。
そのようにしないと国民に分からないからであり、
テレビを目の前にしている国民が満足できない為であり、
それ故、クビとかになってしまった方々については、
末端が犠牲になることで国民を満足させているのです。
その人には、妻もあり、子もありと勝手に想像してしまいますが、
それが、スポンサーが支配するメディアのやり方ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

古舘の"政治性"以上に危うさがある古賀の"政治性"

ちなみに竹田圭吾氏がハフィントンポストで今回の一件を取り上げてます http://www.huffingtonpost.jp/keigo-takeda/hodo-station_b_7008338.html けど、これ読むと古舘よりは古賀の方が"政治性"や"保身"の点で危ういものがあるって気がしますね。

以下、一部を引用します。

報道ステーションの場合、ゲストコメンテーターに与えられるコメント時間が他の番組の平均より長く、トークの要素にもウエイトを置いたつくりになっている。それでも、話の核がニュースについての検証や論説であり、視聴者がそれを期待していることに変わりはない。実際、翌週月曜日(30日)の放送では、新コメンテーターの憲法学者・木村草太さんが、在沖米軍基地の辺野古移設の問題について、憲法95条の特別法設置規定をからめたユニークで鋭い指摘をおこなっていた。あの時、コメンテーターとしての古賀さんが第一に務めるべきことはそのように、古舘さんからコメントを振られたイエメンや中東の情勢について、集団的自衛権の問題について、視聴者が刺激を受けるような新しい視点や異論、異見を提示することだった。政府の原発輸出政策、武器輸出三原則をめぐる動き、カジノ法案を批判するのであれば、脈絡もなくその三つをひっくるめて印象論的に語るのではなく、それら一つひとつが日本の人のためにならないのかを、客観的なデータや比較検証をもとに説明し、木村さんのように別なアイデアを持ち出したりしてほしかった。古賀さんは、与えられた時間をそのために使わなかった。」

「スタジオで古賀氏が語った内容は、放送を観たかぎりでは、勇気と言うよりは蛮勇と言わざるを得ない。自らの番組降板やプロデューサーの『更迭』について、名指しでテレビ局や制作プロダクションの幹部に責任を求め、『官邸の圧力』との因果を糾弾する。そこまでするのであれば、少なくとも視聴者が『なるほど、そうかもしれないな』と感じるような客観的な根拠や論拠を、少しでも示すべきだったと思う。今まで信頼し合ってきた(ように見えた)キャスターとの楽屋での会話を、ひそかに録音しておくほど取材スキルを磨いた古賀さんが、『官邸の圧力』とまで断言することの決定的な証拠をつかんでいないはずがない。それをスタジオで提示しないのでは、私的な感情にもとづいた言いがかりと解釈されても仕方がない。」

「心配なのは、今回のことが安倍政権に、メディアに対するプレッシャーをさらに強める口実を与えてしまうのではないか、ということだ。歴史を振り返るまでもなく、為政者がメディア対策に力を注ぐのは当然だが、安倍政権の場合、総理がみずから特定の新聞や記事、特定のテレビ局や番組内の特定部分をピンポイントで非難したり、個別の報道について官房長官がいちいち批判的なコメントをしたり、フェイスブックで批判的なコメントを締め出しているとの疑惑をもたれたりと、批判に対して偏執的なまでに攻撃的な反応を示す点が目立っている。その後ろには、みずからとメディアを対等でフラットな関係と位置づける考え方が見え隠れする。しかし権力と権能の行使をチェックされる立場の政権とメディアはフラットな関係ではないし、許認可権などももつ政府とメディアは対等でもない。「言論の自由」を尊重する気持ちがあるのであれば、フェアな批判はすすんで甘受する義務が為政者側にはある。まともな脳みそをもつ為政者であれば、あからさまに「官邸の圧力」を振るったりはしない。メディアやメディアで発言する人が萎縮したり、自主規制したりするようなムードを少しずつ醸成する。そうした狡猾で巧妙な対策に対抗するには、メディアの側にもしたたかさと慎重さが必要だ。根拠を示すことなしに人事の処遇を「圧力」と断じる陰謀論的な批判は、それみたことかと批判する理由を与えてしまいかねない。今回のことを受けて、以前より萎縮している、なんらかの自主規制をおこないはじめたのではないかと視聴者に疑われることがないようにできるかどうかが、テレビ局には問われている。

正直、この一件で何らかなの違和感を持っていた自分としては、この指摘は腑に落ちる指摘でした。実際の処、いわゆる"政権批判"な言動をしていながらも、その実政権以上にネオリベであったり右翼や保守反動だったりタカ派的なことを言っていたりする面子(古賀は勿論、内田樹や孫崎享・矢部宏治さらには三橋貴明とか幾人も挙げられますね)が目立つ様になりましたし、そうした"草の根"からの批判を政権が巧く利用しながらメディアを委縮させるって未来図が現実となったら、悍ましさを感じますけど如何でしょうか?

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。