スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電始末記(3)水溜まりは池のよう、防草シートが貼れない

さんざん待たされたあげく、ようやく東電の認可が届い
たのが今年の春になりました。さっそく土木業者に整地
(地面をほぼ水平にする)を依頼しました。二区画、およ
そ550坪でおよそ100万円かかりました。
 これが終わると設置するパネルの下に雑草が生えないよ
うに『防草シート』を貼り、この上に土砂を5cmぐらい
敷くという工事です。これが4月初旬から始まりましたが、
今年の4月は雨が多く、整地した地面にはところどころ水
たまりができました。
 ところが防草シート業者は『こんな水たまりではシート
が貼れない』というのでした。そこで先の整地業者に『水
たまりが出来ないように整地をやり直して』と依頼。これ
は意外と大変でした。水が溜まっている、低めの場所を埋
めると、今度は別の場所に水が溜まります。
 整地業者が半日ほどかけて何とか水溜まりが無くなって
も、夜雨が降ると、またまた大きな水溜まりの発生です。
整地業者(H住建)はがっくりしてまたまた半日かけて地
面をこねまわしました。
 この繰り返し、なんと4回やりました。それでも不満足
で『打つ手なし』という状態。いっそのこと、防草シート
などやめてコンクリートを貼ってしまうか。しかしこれは
防草シートの8倍もの経費がかかるというのでした。
 しかし、この難問、考えあぐねている間に『待てば海路
の日より』です。5月に入ると雨が一滴も降らない日が続
きだしたのです。つまり水溜りなど出来るはずは無くなり
ました。
 よし、これでいける!防草シート業者はニコニコして工
事にかかってくれました。防草シート貼りと同時にアルシ
スは設計どうり、アルミの太い棒を地面に埋め込み、太陽
光パネルを設置する枠の制作にかかりました。
 パネルの面の傾斜角は10度、向きは南北方向から20
度東の向きに向かうというものです。この20度は本来1
1度にしたい(栃木県北部、1年中の太陽の動きにしたがっ
てシュミュレーションした結果)の思いましたが、400
枚のパネルはうまく入らず、妥協して20度で我慢しまし
た。
--
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

「自然エネルギー」というものの、「自然」はそう簡単には利用させてくれず、「再生可能」というけれど なかなか「資金」の「再生」はさせてくれない。  という実情がわかります。

それでもこの発電方式は 一般の素人が直接に手を出せて、現実のメリットを得ることのできるほとんど唯一のモノです。

もろもろの効率論から言えば、たとえ日本中をパネルで覆っても、わが国が必要とする電力のすべてを賄うことは無理のように思います。

しかし自分の敷地で行う分には誰に迷惑をかけるものではないことが一番のキモです。 世界遺産や景勝地は別ですが、それとて だらしなく洗濯物を広げってあるよりはよほどマシです。


「半導体」自体が激烈な競争下にありますので、もしかすると新しい素材が発見される可能性もあります。
また半導体の接合によらずとも、「有機体」や「量子コロイド」による安定した高遅の素材が開発される期待もあります。

私たちの世代は第二次大戦後の混乱期と、「いつ 核爆弾が落ちてくるか?」」という幾度かの緊張の中で生まれ育ちました。
 「科学技術が無いために日本は敗戦した」という事実と、一方で科学技術は人類を滅亡させるという 強烈な刷り込み。

それを払しょくして子供たちに未来への希望を与えようという手塚治虫氏の 「鉄腕アトム」もインプットされておりますので、人類がどうやって暴走しがちな 科学技術を開発し「手なずける」のか、科学の未来を見てみたいものです。

竹林を失い、水の行き場が減少すれば、水はけも悪くなるでしょう。
その起因が、東電の怠慢で補償も無しでは、個人では対処のしようもないでしょう。
自分が同じ立場だったとしたら、竹林が移り行く姿をぼんやりと眺めるしかなかったと思います。
また、地熱がふんだんに噴出する地域であったとしても、個人が利得を独占できるのは、炊事のための蒸気使用ぐらいで、地熱発電になるとその地域一帯で利用できるように配慮していると思うので、
身近の太陽光発電を営む人たちで、その出資比率に合わせた配当を支払う共同体をつくり、電力も安定的に供給できる仕組みを整えて、東電が提携せざるを得ない組織に発展させる手立てしか思いつきません。

人と素材の原光景、いや風景画ですね。

No title

発電した電力は何に使うのでしょうか?
まさか売るだけとは思えませんが・・・。
売るだけとしたらガッカリです。

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。