スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイバーのママの地震予知、ピタリと当たると週刊誌、のバカ

ゲイバーのママが予知能力がすごくて、3.11の
東日本の大地震も予知した、と騒がれている、と週刊誌
が書いている。
 (以下 女性セブン2015年6月18日号から引用)
 東京・渋谷にひっそりと店を構える小さなバー。
カウンター7席、ボックス3席という店内は、モデル風の美
女や茶髪の若者、サラリーマンに主婦と、さまざまな客が
集い、連日満席の盛況ぶりを見せる。。。。。。。。。。
「2015年の5月末ね。あなた足に大きなケガをするわ。大
地震が起きるのよ。5月25日に茨城で、30日に東京ね。そう
とうデカいのが来るわよ。あなたの住んでいるところ、地
震に巻き込まれるわ。その時にケガするみたいね。こればっ
かりは気をつけようがないけど、用心しなきゃダメよ」。。
。。。。。「津波も起きるわね。埼玉県の川口市辺りまで
一気に水没するわよ」一連の話に、居合わせた客からも、
驚きの声が上がった。5月25日と30日という地震予言の日付
はドンピシャ。25日に至っては、一帯で最大震度となった
「5弱」を記録したのは、ママの言う通り茨城である。津波
の予言こそ外れたものの、それ以外は当たっている。。。。
 次は、今年の秋ね。そう、10月頃に関東で大震災が起き
る可能性が高いわ。直下型よ。過去のヤツとは比較になん
ないわよ。しかも、その後がヤバいの。地震の2か月後に、
富士山が噴火するのよ。この辺まで火山灰が飛んできちゃ
うわ。半年後の日本は大変よ」
    (引用終わり)
 いちいち週刊誌の超能力報道などのデタラメをここで取
り上げることもない。ただ『地震予知』については影響も
大きく、一般の人でも誤解があるのでここで科学的にコメ
ントすべきと思う。
 もちろん正確な日時、場所、規模(マグニチュードと震
度)を予知することは今の科学では出来ない。それはそう
だ。もともと地震は歪の大きくなった岩盤が破壊されるこ
とから起こる。歪のエネルギーの程度はある程度分かるが、
それがいつ破壊につながるかは分からない。
 北国の公園の松の枝に雪が降り積もればやがて松の枝は
破壊されて折れてしまう。雪が積もってきて危ないという
ことは分かるがそれがいつ、何日の何時何分に折れるかな
ど分からない。
 ただ、それ相当の予想はつく。『公園の北側の、アノ松
の枝があさってあたり折れるよ』と。これなら大抵は当た
る。現代の地震研究もこの程度の予知、予報、警報を出す。
 ゲイバーのママの予知など聞かなくとも実際には関連学
会で『警告』に類した情報はいつも流されている。3.11
の東日本大地震も2008年ごろには関連学会でこの種の警
告がなされていた。『今後30年以内に東日本沖にマグニ
チュード8クラスの大地震が発生する確率は70%以上』
というものであった。また当日NHKテレビは気象庁の警
報をと流した(実際この警報は東京御茶ノ水に地震がやっ
てくる21秒前であった=私自身がこの警報を受け、実際
地震がくるまでのおよその時間を計測した)。
 だから関連学会は今でも地震予知に相当する警報は流さ
れているのだ。しかし一般のマスコミや政府、自治体はこ
れらのまともな警告を忘れている。忘れていてゲイバーの
デタラメ予知を信じるおかしさ!
 関東、とくに茨城、栃木南部は利根川に沿って断層があ
るから震度3から5弱ぐらいの地震は年数回起こる。デタ
ラメな日にちを言っておけばそのうち当たるのだ。バカは
はずれた予知を忘れて、当たったのだけ取り上げるから、
超能力にみえるのだ。『5月の、川口の津波』などまった
く当たらなかったと記者自身が認めているではないか!
『川口市が水没する』はまったく当たらなかった、となぜ
強調しないのか!
 今年10月、関東大地震が来るだと?!12月富士山大
噴火だと?!女性セブンよ、10月、12月になって予知
がはずれたら世の女性たちにデタラメな恐怖を与えた責任
をどうとるのか!!

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

女性週刊誌なんぞは......

女性週刊誌の記事なんぞは,そもそも,そのレベルがレベルなので,いちいち相手にしない方がよいでしょう。 発売日の新聞広告を見るだけで中身の記事の概要が分かります(他の多くの週刊誌も,同様ですが)。  そもそも,女性週刊誌や芸能週刊誌などは,それらを買って読む人の階層がおおよそ決まっています。 よって,その記事の内容が社会的に大きな影響を与えることはないと思います。 大槻先生は,”女性セブン” を買って読んでいるのでしょうか。

No title

ゲイバーのママの自称「超能力」による「地震の予知」は無意味であると同時に世に悪影響を与えるというお説であると思うが、しかし専門の学会の発表する「予知」というものが「ここ30年以内には必ず起こる」という程度のモノであるのも周知の事実であろう。

 少なくとも21秒前に予知ができたということはすごいことだと思うけれど、では その時間で、しかも確実性の保証が得られないままに発する警報にどのように対処すべきかは厳しい判断の問題だと考える。

この発令に対して、たとえば走行中の電車は急ブレーキをかけて安全を図れるのか? 動いているエレベーターを全部停止できるのか?
 
出ないよりは危険性を察知して出す方が良いというのであれば、一体全体そのために今までいくらの税金をつぎ込んできたのか?
 無駄だから研究をやめろとかいうつまらない話では決してない。

例えばいまだに古い体質が見受けられるこの学会の存在意義をどのようにお考えであるのか? 師匠の教授が唱えて信奉した「説」を怖し、否定し、更新することは大変に困難であろう。
 たまにそれを言う研究者も見かけるが、学会は異端児として黙殺する。

 大槻氏の話題が「地震」であるので、この学会を当事者関連として取り上げた。
 当たらないからなかなか発令しない警報と、胡散臭いかもしれないが 例えば10回のうち1回当たるかもしれない「警報もどき」とどちらが求められているかという問題である。

 繰り返すが、週刊誌の言うことを検証すれば すでにこの地球は何十回も跡形もなく消し飛んでいるのではあるまいか。
 大槻氏が仰るように、「ネタ」がないから無理に「ネタ」を見つけてきてあるいはデッチあげて 営業の優先を図ることは、責任ある人間のやることではないが、それは直に自分たちが追うべき責任を放棄していることである。

 読者もそれをわきまえて買っているのであろう。
そうでなければ、「明日 地震が来て東京が全滅するそうですから 会社をやめます」という人間がどのくらいいるのであろうか。 

統計があるわけではないであろうし、認める認めないは個人の自由ではあるが、昔から夜の商売の人間の方がカンが鋭いとも言われていることも もちろんご存知であろう。
 この信憑性を議論する気もないし、根拠となるデータがない以上、議論しても意味はないと思う。

ただ人間の「脳」の働きで将来的にデータが整い、「確かにひとつの傾向として存在する」ということが証明されるかもしれない。


オカルトとして排斥し笑い飛ばすよりも、こういう研究が真面目に行われているのであれば着目すべきであろう。
 その研究がどこの誰によって何時? などと反論されるのはこれも意味がないし、私はオカルトを認めろ なんぞという気もない。

ひとつお聞きしたいのは、貴兄にとって「オカルト」とは どういう括り あるいは定義する範疇の事柄であるのか?
 まずそれを明確にしていただければ大変にありがたい。


 例えばこの太陽系の小惑星帯に「ケレスあるいはセレス」と呼ばれる「準惑星」が存在する。 小惑星番号1番であるそうだ。

 最近、NASAがこの星に奇妙な「光点」があることを発表した。
お手数だがここまでをご自分でお調べいただいて、「事実」であろうかどうかを確認して頂きたい。

 これもオカルトであるのか、あるいはNASA自体がオカルトであるのかは 貴兄のご判断による。

この奇妙なかなり明るい「光点」を、「私が宇宙人のたき火」と言えば
貴兄はバカバカしいと取り合わないであろうし、私もあえて追及はしない。

 では「科学的な考察・知見」によって、貴兄であればどのようにこの問題にアプローチされるのかを、お示し願いたい。
 自分は専門外だから「天体物理学者」に聞け と言われるのであれば、それも構わない。
 
ここで私は「正解」を知りたいのではなく、第一 確認行く手段もないから、「科学的な思考実験」の実例をお示しいただきたいだけである。

いかがであろうか?

 

No title

Ceres の光点 (bright spots) が宇宙人の仕業だと思う思考そのものがオカルトでしょうね。大槻教授は、その存在が科学的に説明・証明できもしないものに依拠する態度おかしいと批判しているだけではないですか?

件の Ceres の光点も科学的な仮説は既にありますし、これから観測が進めば原因が科学的に特定されるでしょう。現在は、反射性の高い物体(氷山)が太陽光を反射したものである可能性が高いと説明されています。
http://www.nasa.gov/jpl/dawn/ceres-bright-spots-seen-closer-than-ever

No title

まずお伺いしますが、貴方は大槻教授ではないように思われますが。
 私の文章をよくお読みいただければ、宇宙人の仕業であるとは
一言も言っておりませんし、オカルトを認めろとも言っておりません。

 まずご確認ください。

私は 科学的にどういう思考経路で、たとえばこういう問題にアプローチをするのか・ とお尋ねをしております。
 ケレスの「氷説」は存じております。

>ここで私は「正解」を知りたいのではなく、第一 確認行く手段もないから、「科学的な思考実験」の実例をお示しいただきたいだけである。

何度も申し上げますが、要はオカルトに分類されそうなモノであっても、科学的な思考方法のアプローチとして 具体的に示して頂きたいということです。

 貴方も貴方の文章によれば、ケレスの光が存在することは認めておられるようですね。

 では、すぐに立証が困難そうであっても、科学的な思考のアプローチによって予想を立て、可能であれば実証 立証するというのが人類がたどってきた道だと思います。

 私の文章力が足りないことは承知をいたしておりますが、曲解をされるほどひどいものだとも思っておりません。

 別に私はケレスにこだわりませんので、それでは貴方が適当と思われるテーマをご提案ください。
私のケレスを含めて大槻氏が取り上げるかどうかは大槻氏のご判断です。

 お待ちいたしております。
 

No title

> オカルトに分類されそうなモノであって
> も、科学的な思考方法のアプローチ
> として具体的に示して頂きたい

オカルトに分類されそうだと思うこと自体が科学的ではありませんね。Ceres の光点は観測的事実であって、この事実を科学的に説明するならどのような原因があるかを考えることが科学的思考でしょう。例えば、反射なら太陽光起源、自己発光なら火山(Enceladus と似たような熱水活動など)や隕石衝突などが考えれるのではないですか?別に大槻教授に「科学的な思考実験」の実例を示せというほどのものではなく、自分で考えたらどうですか。

No title

さっそくにご返事ありがとうございます。
 このケレスの発光 科学的な観測事実をして、ではこれがどういうものであるのか? という筋道をお示しいただきたいと申し上げているのです。

オカルトにこだわるのは最近の大槻氏のコメントが、一方的にオカルトの排斥というように思えるからです。
 それほど潔癖に科学的な と言われるのであれば、まず「オカルト」とはどのような分類でコメントをされるのか とお聞きしているのです。

オカルトを認めろとか 一言も私は言っておりません。
ケレスの光は貴方が言うように 私も事実だと思います。
 そこですぐに調査をして原因を判明させることが無理であろうから、科学的な思考方法の実例:サンプルとして解析してみて頂きたいということです。

 自分で考えろと言われるが、別に私は考えていないからお聞きしているわけではないのです。
 科学者の一人たる大槻しならばどのような筋道を立てるかが知りたいのです。

一般的に言って 例えばケレスに謎の光が発見された
 ⇒「オカルト」ですか?
そのようなとらえ方こそおかしいではありませんか。
思考実験だと申し上げている。 まだお分かりいただけませんか。

貴方が引用されたページでは「反射光」だと結論しているのですか?
 そしてそれは貴方自身が思索された結果と同じということですね?
 そうであれば、それは一つの見方として尊重はいたします。

ケレスは準惑星という分類になっております。ある程度の大きさは有するが 明らかに火星よりは小さい星です。
ただ回転:自転が確認されているので「重力」はありそうです。

隣の火星はすでに冷え切って磁場が見られないという観測結果です。
 それはとりもなおさず、現在 地下における火山活動がなくダイナモ理論が適用されないということでしょう。

 それより小さい準惑星も、星としての生成起源が同時期に分類されるのであれば「火山活動」は不思議です。

表面に氷となりえる「水」か「物質」があれば確かに大きな氷の塊が生成される可能性は大きいと思われます。

 この光のスペクトル分析を行えなば、その物質が何であるのか? また光の由来が太陽であるかどうかは大筋判明するはずです。

 私はこういう思考方向ですが、これはオカルトですか?
  
ただし ひとつ問題があります。
私でさえこういうことを思いつくのですから、他の人間も当然同じようなことを考えると思います。
 その上で、そんなにすぐに判明するようなことをNASAがわざわざ発表すると思われますか?

私はアポロの月からの中継と言われるものをテレビでリアルタイムで観た世代です。
 画面の星条旗はたしかにはためいておりましたし、他にも「?」ということを見せられました。

大槻氏が断言されているように、日本に来た「月の石」は「月の石」ではないそうです。
 これがオカルトですか?

そのNASAがそのような単純なことをやるでしょうか?
これを陰謀論とかいうのであれば確かにオカルトかもしれません。
 しかしごく普通の考察ですからオカルトと言われたくはありません。

これ以上の説明は私にはできません。

貴方の考え方には 敬意を持ちますが、私とは大きくずれているようで とても残念です。

 また 私は実名でここ記載しておりますので、公平に見て「名無し」のままで私に言われるのは失礼ではありませんか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RSSリンクの表示

フリーエリア

ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
プロフィール

FC2USER057852MBV

Author:FC2USER057852MBV
FC2ブログへようこそ!
大槻義彦プロフィール
早稲田大学名誉教授 理学博士(東大)
東大大学院数物研究科卒、東京大学助教、講師を経て、早稲田大学理工学部教授。
この間、ストラスブール大学客員准教授、ミュンヒェン大学客員教授、名古屋大学客員教授、日本物理学会理事、日本学術会議委員、などを歴任。
専門の学術論文162編、著書、訳書、編書146冊。
近著『大槻教授の最終抗議』(集英社)、『子供は理系にせよ』(NHK出版)など。
物理科学雑誌『パリティ』(丸善)編集長。
『たけしのTVタックル』などテレビ、ラジオ、講演多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
フリーエリア
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
大槻義彦著  『大槻教授の最終抗議』集英社
PR
ツイート ツイートと返信 大槻義彦 ‏@otsuki1936 4時間4時間前 Northern Mariana Islands 北朝鮮、初の水爆実験、韓国の愚かな反応 http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html … …これまでも韓国は北朝鮮の核爆弾をTNT火薬爆弾と嘘。日米欧の核兵器監視網は核爆弾の核種と核反応まで見抜くレベルで嘘はすぐばれる。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。